植物育成管理技術者・養成講座/植物工場の概要・歴史や技術、収益計算など多岐に渡る実践的プログラムを提供(IMA社)

建設物の設計・工場監理や土地の有効利用プラン等を提案していた株式会社IMAでは、去年(2010年)から植物工場ビジネスに関する養成講座を実施している。今年も2月から30名程の参加者が「植物育成管理技術者・養成科として入学し、植物工場の概要や歴史、光や養液などの技術的な講義から、実際に事業として運営させるための収益計算・建設コストなど、4ヵ月間の多岐に渡るプログラムを実施している。
 
 
こうした植物工場ビジネスに関する人材育成講座は全国にも数カ所、実験的なものも含めて行われているが、同社が開校している講座の参加者は、民間企業からの派遣ではなく、ハローワークに通う人々から募集しているこうした取り組みは全国初であり、植物工場に特化した職業訓練プログラムとして提供している
 
 
入学した参加者は、4ヵ月に渡る講義中にも生活支給給付金として10万円程が支給され、当面は講義に集中できる。そして訓練終了後は、植物工場だけでなく、農業販売商社や都市型環境設計分野など、多岐に渡って活躍できる人材を育成・輩出している。
 


<講義教室と栽培実験の様子/レタスだけでなく、ハーブ類の栽培にもチャレンジしている>

 
プログラムでは、各専門家による講義だけでなく、稼働している植物工場への見学や、教室内でも実際に小型の植物工場を各班に分かれて、栽培実験を実施している。参加者の年齢や経験、バックグラウンドも異なることから、各班に分かれた栽培実験でも、特許になりそうな画期的なアイデアを発案したり、と参加者全員が話し合いながら、色々な事を試している。例えば、照明の数を減らし、反射板の形を変えた時との比較実験や近接照射の最適距離実験(植物と照明の距離)など、養液中のPHや光の照度を測定しながら、科学的に植物を管理・育成する技術を養うことができる
 
 
当法人も同プログラムに参加し、他社の事業モデル分析やケーススタディなど、経営・マーケティングといったアプローチから講義を行っている。その他のゲストにも、大学教授や植物工場関係者(土壌開発ベンチャーの株式会社ヴェルデなど)、流通・販売分野など、植物工場ビジネスの川上から川下まで、幅広く学べる養成講座である
 
 
こうした人材がアグリビジネス分野で活躍できるためにも、人材募集を検討している農業関連企業(建築・設計など、その他でも大歓迎)は一度、講義や卒業研究発表会に参加・見学されてみてはいかがでしょうか?その他、寄付講座や共同講座の開催なども募集中ですアルバイトや期限付きの試用期間採用など、様々な雇用形態に応じておりますので、是非とも運営企業のIMA社、または当法人までご連絡頂ければ幸いです。
 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る