工場新設をキッカケに、新規事業では空調設備技術を生かした植物工場システムの研究開発に集中(リフリック)

オリオン機械(長野県須坂市)のグループ会社で空調設備製造のリフリック(栃木県)は、主力の産業用冷凍冷蔵機器の新工場を栃木県栃木市に着工した(年明けの本格稼働を目指す)。オリオン機械が建設費5億円を投じ、リフリックが工場ごと長期賃借する形をとる。現在のリフリック本社工場は今後、空調機器技術を応用した「植物工場」設備など新事業の研究開発や、首都圏・東北向けの物流拠点として活用する
 
 
新工場は東北自動車道栃木インターチェンジ近くの皆川城内産業団地に建設する。約1万2400平方メートルの敷地に延べ床面積約5400平方メートルの建屋を今月上旬に着工、10月の完成を目指す。北関東自動車道の全線開通などで利便性が増す北関東で製造・物流機能を高め、事業エリアを広げる。
 
 
リフリックはワイヤハーネス(組み電線)などの部品製造から順次撤退しており、冷凍冷蔵機器の完成品や独自製品に経営資源を集中する。新工場では部品の多くを内製化するほか、環境試験室も拡充して品質の向上につなげる。新工場へ主力ラインを移した後の本社工場は、空調機器技術を応用した「植物工場」設備など新事業の研究開発や、首都圏・東北向けの物流拠点として活用する予定である。拠点再編を機に、10年12月期で約13億円の売上高を2〜3年で20億円に増やす計画。
 
 
同社では、植物工場用の空調装置開発を茨城大学や産業総合研究所などと行いながら、閉鎖型植物工場用空調ユニット・育苗ボックス等の製品化を行っている。照明は大型液晶テレビに利用されるバックライトを改良したHEFL(ハイブリッド電極蛍光管)を利用した植物工場システムを開発・販売している日本アドバンストアグリと連携している。(参考記事:2011年4月13日, 日本経済新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  4. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 世界最大の屋上型・植物工場を展開するLufa Farmsが最新施設をオープン
     カナダのモントリオールを拠点とし、屋上スペースに太陽光利用型植物工場を稼働させているLufa Fa…
  4. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
ページ上部へ戻る