直売所が併設したバイキングレストラン「めぐみ」/地元食材を利用・店内には植物工場など様々な仕掛けから客足は上々(女性・ファミリー層から支持)

植物工場と直売所が併設したバイキングレストランを運営するG-7ホールディングス100%子会社のセブンプランニングについて、同社の取り組みは以前の記事でもご紹介した(参考:店舗併設型・植物工場ビジネスについて)。2010年10月のオープン以来、女性やファミリー層からの支持を受け、客足も上々のようである
 
 
ビュッフェレストラン「めぐみ」では、隣にある直売所「めぐみの郷」で販売する地元食材を普段に使った料理をバイキング形式にて提供している。店内には植物工場も稼働しており、工場野菜もサラダとして提供、隣の直売所にて購入することもできる。店内の植物工場は面積33平方メートルの完全閉鎖・人工型のもので、小松菜、サラダ水菜、サンチュなどの葉物野菜を生産している
 
 
同店では、生産者が見える安全・安心な食材を利用しながら、バイキング形式により和洋中・デザートと豊富なメニューを提供している。さらに、店内の植物工場を見ながら、無農薬野菜をサラダとして食べることもでき、お客様を楽しませる様々な仕組みがある。そして、こうした満足のいくサービスを地元の主婦を雇用しながら、1500〜2000円程度という手頃な料金設定で食べられることから、人気を集めている、とプレスリリースでも分析している。