リニューアルオープンする神戸布引ハーブ園。ハーブの体験施設が充実、店舗併設型の植物工場レストランも設置

ロープウェーの補修・改修工事のために休園していた「神戸布引ハーブ園」が2011年4月にリニューアルオープンする。新型ロープウェーを導入し、神戸市街地や神戸港などの絶景が眺められるだけでなく、巨大ハーブ園では200種類以上のハーブ・花々が見学でき、レストランでは店舗併設型の水耕・植物工場を楽しむことができる
 
 
同施設は2010年4月に神戸市の外郭団体から神戸リゾートサービスに事業譲渡され、これまで別運営だったロープウエーとハーブ園を一体化、施設名称とロゴマークも一新し、より一層のサービス向上と年間30万人の集客を目指す。同社が12億3000万円をかけて改修工事を進めてきた新型ロープウエーのゴンドラ(スイス製、6人乗り)は、色鮮やかな赤でUVカット素材の広い窓から市街地や神戸港、眼下には布引の滝や重要文化財の布引ダムなどが一望できる。
 
 
約200種7万5000株の四季折々のハーブと花を栽培する同園は、市街地に隣接しロープウエーを備えたハーブ園としては国内最大級を誇る。グラスハウス(温室)では、1年を通じて観賞できるフクシアのハンギングバスケットを新設し、温室内ステージではミニコンサートを予定。テラスには、神戸の街を眺めながら利用できる「ハーブの足湯」も新たに設けた。
 
 
同園のレストラン「ハーブダイニング」では、園内で収穫したハーブを五感で体験できる約30種の料理を提供。店内には太陽光の代わりにLEDライトの光を当てる水耕栽培施設もあり、育てたハーブをサラダや料理の付け合わせに利用している。総料理長の後藤さんは「新鮮なハーブの彩りと香りを身近に感じていただきたい。将来的には、ハーブをじかに摘んで食べてもらえるようにしたい」と話す。<参考:店舗併設型・植物工場について
 

 
そのほか、ハーブティーを飲みながら神戸の街を一望できる「ミントカフェ」や、軽食コーナー「神戸菓子工房 Honey Bee(ハニービー)」も新たに登場。ハーブと地元で採れた蜂蜜を使用したスイーツやドリンクを提供する。14カ所のガーデンエリアでは、ハーブ摘み取り、ハーブセミナー、クッキング教室、クイズラリーなど、家族で楽しめるようなイベントを実施。ハーブミュージアムでは100種類のハーブを植栽展示しており、ハーブガイドが香りや使い方などを分かりやすく案内するサービスも用意する。<参考記事:神戸経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  7. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  8. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る