リニューアルオープンする神戸布引ハーブ園。ハーブの体験施設が充実、店舗併設型の植物工場レストランも設置

ロープウェーの補修・改修工事のために休園していた「神戸布引ハーブ園」が2011年4月にリニューアルオープンする。新型ロープウェーを導入し、神戸市街地や神戸港などの絶景が眺められるだけでなく、巨大ハーブ園では200種類以上のハーブ・花々が見学でき、レストランでは店舗併設型の水耕・植物工場を楽しむことができる
 
 
同施設は2010年4月に神戸市の外郭団体から神戸リゾートサービスに事業譲渡され、これまで別運営だったロープウエーとハーブ園を一体化、施設名称とロゴマークも一新し、より一層のサービス向上と年間30万人の集客を目指す。同社が12億3000万円をかけて改修工事を進めてきた新型ロープウエーのゴンドラ(スイス製、6人乗り)は、色鮮やかな赤でUVカット素材の広い窓から市街地や神戸港、眼下には布引の滝や重要文化財の布引ダムなどが一望できる。
 
 
約200種7万5000株の四季折々のハーブと花を栽培する同園は、市街地に隣接しロープウエーを備えたハーブ園としては国内最大級を誇る。グラスハウス(温室)では、1年を通じて観賞できるフクシアのハンギングバスケットを新設し、温室内ステージではミニコンサートを予定。テラスには、神戸の街を眺めながら利用できる「ハーブの足湯」も新たに設けた。
 
 
同園のレストラン「ハーブダイニング」では、園内で収穫したハーブを五感で体験できる約30種の料理を提供。店内には太陽光の代わりにLEDライトの光を当てる水耕栽培施設もあり、育てたハーブをサラダや料理の付け合わせに利用している。総料理長の後藤さんは「新鮮なハーブの彩りと香りを身近に感じていただきたい。将来的には、ハーブをじかに摘んで食べてもらえるようにしたい」と話す。<参考:店舗併設型・植物工場について
 

 
そのほか、ハーブティーを飲みながら神戸の街を一望できる「ミントカフェ」や、軽食コーナー「神戸菓子工房 Honey Bee(ハニービー)」も新たに登場。ハーブと地元で採れた蜂蜜を使用したスイーツやドリンクを提供する。14カ所のガーデンエリアでは、ハーブ摘み取り、ハーブセミナー、クッキング教室、クイズラリーなど、家族で楽しめるようなイベントを実施。ハーブミュージアムでは100種類のハーブを植栽展示しており、ハーブガイドが香りや使い方などを分かりやすく案内するサービスも用意する。<参考記事:神戸経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  2. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
ページ上部へ戻る