北海道・豊浦町の特産品「豊浦イチゴ」のブランド強化・生産性向上に向けて、ハイテク育苗施設がオープン

北海道・豊浦町の特産品として知られるイチゴは「豊浦イチゴ」として、70年以上の歴史を誇る北海道一の伝統ブランド。適度な寒さと十分にそそがれる太陽な中で栽培されたイチゴは、大きさ・甘さともに高品質なものとして評価されており、2007年1月には商標登録を行い、ブランド強化に乗り出している
 
 
そして今回は、とうや湖農協が事業主体となって進める「豊浦いちごブランド体制強化事業」の一環で、町内大和の農業生産法人・八天ファームに2棟の育苗ハウスが整備され、関係者にお披露目された。導入した育苗施設は、1棟の幅が7.2メートル、全長53メートルであり、徹底した温湿度管理の下、育苗用トレイを階段状に並べた「ナイアガラ方式」を採用。生産農家への高品質な苗の安定供給と、早期定植による生産量向上が期待されている。
 
 
町の補助を受けながら、総事業費は約2千万円。従来の露地栽培に比べ、少ない面積で効率的な育苗が可能となり、2棟で年間4万2千株出荷できる。これにより、例年8月下旬〜9月上旬だった定植が半月程度早まり、翌年の収量増が見込まれるという。同社の渡辺常雄販売部長(62)は「健全な苗の安定供給を目指し『豊浦いちご』の発展に寄与したい」と気を引き締めていた。
 
 
豊浦町のいちご栽培は自家用としては大正末期から昭和初期より行われており、本格的な生産は昭和10年より開始。とうや湖農協では、北海道内・他産地の出現や本州産イチゴ入荷の増加により、競争相手が増えたことから、ブランド強化のために商標登録を行い、ライセンス事業として管理・販売を行っている。(参考:室蘭民報ニュースより)