LED電光掲示板などを手掛ける日本セック・グループ、ハウス農家をターゲットに太陽光利用型システムの開発へ(セト電子工業)

LED電光掲示板、生産管理システムなどの製品を手掛ける日本セック株式会社グループのセト電子工業は、主に太陽光利用型・植物工場向けの生産システムを開発し、年内にも農家をターゲットに販売を開始する予定である。同社のシステムは一般的なビニールハウスに設置し、栽培環境を最適に制御していくもの
 
 
太陽光を利用したハウスに導入できることから、葉野菜だけでなくイチゴなどの果実類も生産可能である。ビニールハウス内の温度、湿度、二酸化炭素の濃度などを計測し、無線でデータ送信。その他、日照量が足りない場合などはLED照明で成長を促進させ、ウェブカメラを使って作物の生育状況も遠隔地から見ることができる。ハウス内を最適環境に制御することで、収穫量の増加や品質向上も見込めるという。
 
 
現在は、同社敷地内のビニールハウスで実証実験を行っている。小さなボックス内で生育環境やLEDの波長を変えられる装置も開発し、最適な栽培条件の特定に役立てる。システムは、イチゴやトマトなど付加価値の高い作物や、中国からの供給不足が懸念される漢方薬原料の薬草栽培などを想定している。南雲弘之社長は「地域で食料の安定供給などにも役立てていきたい」と話している。<参考記事:北國・富山新聞より>