言語・文化的な理解・知識があり、中国との農業事業を進めるシンガポール。中国市場への足がかりが欲しい中東諸国

小国シンガポールの貿易・投資促進を目的に設立したInternational Enterprises Singapore(IEシンガポール)という政府機関によると、中国との言語・文化的にも理解があり、ジョイント・ベンチャーをはじめ、中国とのビジネスに関する専門知識やネットワークがあるシンガポール企業に対して、UAEをはじめとするGCC諸国は投資対象として、非常に高い関心を持っている、という。
 
 
投資としての魅力は、シンガポール企業が持つ中国ビジネスに関する知識とネットワークであり、シンガポール企業への投資を進めながら、将来的には中国における巨大フード・サプライチェーンを獲得する、といった狙いがあるようだ。そこで最近では、UAEとシンガポール企業による共同フォーラムが定期的に開催されている。
 
 
例えば、保険・不動産開発から家電や小売分野にまで進出している巨大コングロマリッド企業であるAl Futtaim Groupもシンガポール企業への投資・共同事業を進めていきたいと考えている企業の一つ。Al Futtaim Groupは、巨大スーパー・チェーンのカルフールやデザイン家具で有名なIKEAなどのUAEにおけるフランチャイズ展開・有名企業とのジョイントベンチャー等も行っており、食料確保のための農業ビジネスに強い関心があるようだ。
 
 
シンガポール企業は近年、中国との農業事業に対して積極的である。例えば、政府もバックアップしている吉林フードゾーン(Jilin Food Zone)では、巨大農地を確保し、穀物や野菜・果物といった農作物の生産を中国とのジョイント・ベンチャーにて行っていく予定である。吉林省は、肥沃な土壌と水資源が豊富であり、日照量も長いことから、トウモロコシや小麦、大豆や有機栽培による果物・野菜などの生産には最適な地域である。このフードゾーンは、シンガポール国内にある農地面積の200倍にあたる1450キロ平方メートルにも及び、全体的な予算としては184億ドルにもなる巨大プロジェクトである
 

 
シンガポール国内の食料自給は深刻で、国土面積710平方キロメートルの約1%にあたる7.34平方キロメートルを農地にしているが、都市化に伴い国内農地は徐々に縮小している。よって、国内で生産する食料といえば、鶏や卵、魚や野菜などに限られており、大半を周辺のマレーシアやインドネシアから輸入している(リスク分散のために、最近はブラジルやその他のラテンアメリカ諸国からの輸入も開始した)。
 
 
今回の吉林フードゾーン(Jilin Food Zone)にて生産した食料は、北京や上海といった中国国内の大都市部、さらには周辺諸国の都市部にも輸出する計画であり、シンガポールは今後もさらなる農業事業を中国企業と進めていくという。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  9. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る