給湯器などの住宅設備機器メーカーのコロナが宮城県で本格的な農業事業へ参入(耕作放棄地の活用・地元雇用・社会福祉法人とも連携)

ストーブや給湯器といった大手住宅設備機器メーカーの「コロナ」は、宮城県内の大規模な農地でコメや野菜を生産して農業事業に参入する。同社は、2010年4月に農業生産法人コロナアグリを設立しており、宮城県角田市で22ヘクタール余りの田んぼや畑を地元の農家などから借り、コメや大豆などの有機栽培・販売事業に乗り出す。
 
 
同社によると、中核事業であるストーブや給湯器など、住宅設備機器の市場が頭打ちとなるなかで、新たな収益源を育てる狙いがある、という。今回の計画では、農業の経験者や就農を希望する若者を採用する方針であり、地元にとっては、雇用の拡大や耕作放棄地の活用などの効果が期待される。また、宮城県角田市を選択した理由として、大規模な農地を確保できるだけでなく、新潟県に比べて降雪が少なく通年で農産物を栽培できる点などを考慮した、という。
 
 
農業生産法人コロナアグリは資本金200万円で、2010年4月に設立。2009年からグループ会社である(株)栃尾コロナでは、三条市と特定法人貸付事業制度による借地契約を締結し、下田地区の2.9ヘクタールの農地に食用米やそばを植え、農薬や化学肥料を使わずに栽培を実施した。社員の健康増進をと生産性向上を目的に、社員食堂で利用し、社員からは好評を得ており、こうした農業事業を引き継ぎ、一般市場への販売も視野に入れ事業拡大に取り組むために農業生産法人コロナアグリを設立した。以下、関連するプレスリリースを掲載しておく。
 
 

株式会社コロナアグリが宮城県内で農業事業を開始
株式会社コロナ(本社:新潟県三条市 社長:内田 力)が出資する農業生産法人株式会社コロナアグリ(本社:新潟県三条市 社長:内田 力)は、本年4月1日付で宮城県角田市内に宮城事業所を開設し、同地域での農業事業を開始します。
 
同社は角田市東部に位置する尾山地区に事業所や倉庫、作業場などの設備を建設するための土地(約5,000平方メートル)を購入するほか、耕作圃場として角田市内の圃場を借り入れて、米、大豆、野菜等を主に微生物による「土づくり」を基本とした有機栽培によって生産します。耕作規模は約22ha(水稲約10ha、大豆等穀物約7ha、畑約5ha)となる予定です。
 
同事業所の従業員は地元から熟練農業者2名と若手就農希望者4名を新規に採用し、本社から派遣する役員1名を合わせた7名でスタートするほか、農繁期には地元から農業経験者等をパートタイマー等として採用します。今後は圃場規模の拡大に応じて若手就農希望者を採用し、農業技術の伝承と農薬や化学肥料をなるべく使わずに収量を上げる新しい技術の開発を進めて行きたいと考えています。
 
生産した農作物はコロナグループの従業員やその家族向けに販売するとともに、地元農家と協力し一般市場への販売も行います。また、宮城県角田市で買物難民支援事業を進める社会福祉法人臥牛三敬会(がぎゅうさんけいかい)への食材提供を行うほか、同法人からの協力により、障がいをお持ちの方々から軽作業を行っていただく予定です。
 
同社は、大規模な圃場を確保できる点や年間を通して農作物を生産できる天候のほか、自治体など地域からの協力を得られた点などを考慮し、同地域で事業を開始することとしました。これにより、同社は地域の特性を生かした共存共栄の農業事業を進め、自治体と一体になって地域活性化に取り組んで行きたいと考えています。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る