植物工場企業を中心に30社程が流通・販売面で連携。農協など既存流通チャンネルとは異なる新たな販売ネットワークを構築(野菜BANK)

全国の施設野菜や植物工場の運営者や生産者が4月中旬、業界初の連携組織「施設野菜バンク」(野菜BANK)を立ち上げる。狙いは共同で数量と流通チャンネルを確保したり、競合との差別化を図るブランドを構築することだ。新しい組織は、従来型の農業の生産・流通の枠組みに衝撃を与えそうだ。
 
 
植物工場は太陽光利用型と人工光(蛍光灯やLED)の2つに分類されるが、ハウスを活用した施設栽培の延長線上である太陽光利用型と人工光を利用する完全閉鎖型がある。特に閉鎖型の場合は、農地法対象外になることが多く、農協など既存流通チャンネルとの関係が希薄な上、個別に活動するため物流コストが高く生産量を集約できないことから大手小売業者などとの交渉が難しかった
 
 
野菜BANKに参加するのはグランパアグリアドバンス野菜工房の各社を始め全国30余りの企業や生産者で、太陽光利用型の水耕栽培(準植物工場)を行う生産者に、閉鎖型と植物工場の生産者が合流する格好だ。<写真は野菜工房が販売するトリプルA・ブランド野菜>
 
 
全国の生産者が集まり野菜や果物の収量や品質を管理し、共同で配送や販売を行う仕組みを構築する。一定の数量を確保することで大手小売業者や食品会社、外食会社などへの供給も可能にすると同時に、栽培・育成方法を標準化して全国各地で同一規格品を生産し、販売することを計画している。栽培法やノウハウなどは共同管理・利用するだけにとどまらず、共通ブランドを立ち上げ、野菜BANK傘下の各生産者が栽培する規格品作物の知的財産権や商品イメージを守る
 
 
野菜BANKの事務局は、法律事務所MIRAIOが担当。同社では国内の農業技術を海外に売り込むマッチング・交渉事業を開始しており、今回の野菜BANKによって、植物工場ビジネスの流通・マーケティング部分が大きく変革する可能性もあるだろう。<参考記事:サンケイビズ2011年2月28日>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る