【施設オープン】信州大学繊維学部、太陽光を利用したコンテナ型植物工場の本格的な研究に乗り出す

信州大学上田キャンパスでは6月4日に「ファイバーイノベーション・インキュベーター(Fii)施設」「先進植物工場研究教育センター(SU-PLAF)」開所式が開催された。Fii施設では、パイロット試作開発設備の設置、試作品性能評価システムの設置、人材育成支援、地域産学連携支援体制の活用、国際的な情報ハブを活用した事業展開の支援などを実施。
 
 
SU-PLAFの施設では、世界標準(40フィート)冷凍コンテナを用いた自立的完全制御型植物工場の研究開発、植物生育技術開発と植物工場関係企業・団体・事業者に対する人材養成を実施していく予定。以下は過去の詳細記事となります。
 
 
===2011年2月11日===

信州大繊維学部(上田市常田)は4月から、小型の植物工場の開発に乗り出す。同学部の野末雅之教授(生物機能科学)によると、開発する植物工場には、輸送用の冷凍コンテナ(長さ12メートル、幅2.4メートル、高さ2.9メートル)を用いる。一般的な植物工場内の光は、蛍光灯やLEDが用いられるが、経費節約のために太陽光を利用し、悪天時や夜間には太陽電池で蓄えた電力で人工光に切り替える。
 
 
工場内では、二酸化炭素や養液量などを制御した水耕栽培で葉物野菜を中心に栽培する。野末教授は「コンテナは断熱性に優れており温度制御のコストが削減できる。広大な敷地も不要。採光には光ファイバーを用いるため、窓はなく断熱性を保てる」と話す。
 

<信州大学先進植物工場研究センターイメージ>

 
信州大学では昨年11月に完工した先端植物工場研究センター(上田市)を4月から稼働させ、コンテナで栽培した野菜の成分分析や栽培システムの開発などを研究するという。また、同センター内には一般企業向けのレンタル研究室も用意し、産学官が連携した開発環境を整える。<詳細は施設概要(スライド紹介)にて>
 

経済産業省によると、植物工場は生育環境を制御し、1年を通じて計画的な栽培ができる。09年4月現在、ビルの一室などを使った完全人工光型と鉄骨ビニールハウスを使った太陽光・人工光併用型の2種類が全国に計50カ所ある。約7割が完全人工光型で、レタス、ハーブ、サラダ菜、トマトなどが栽培されている。信州大のモデルは、太陽光の利用やコンテナの活用により、より経費を節約できる利点がある。今後の研究や取組みに期待したい。<参考:2011年2月12日毎日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  5. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る