【施設オープン】信州大学繊維学部、太陽光を利用したコンテナ型植物工場の本格的な研究に乗り出す

信州大学上田キャンパスでは6月4日に「ファイバーイノベーション・インキュベーター(Fii)施設」「先進植物工場研究教育センター(SU-PLAF)」開所式が開催された。Fii施設では、パイロット試作開発設備の設置、試作品性能評価システムの設置、人材育成支援、地域産学連携支援体制の活用、国際的な情報ハブを活用した事業展開の支援などを実施。
 
 
SU-PLAFの施設では、世界標準(40フィート)冷凍コンテナを用いた自立的完全制御型植物工場の研究開発、植物生育技術開発と植物工場関係企業・団体・事業者に対する人材養成を実施していく予定。以下は過去の詳細記事となります。
 
 
===2011年2月11日===

信州大繊維学部(上田市常田)は4月から、小型の植物工場の開発に乗り出す。同学部の野末雅之教授(生物機能科学)によると、開発する植物工場には、輸送用の冷凍コンテナ(長さ12メートル、幅2.4メートル、高さ2.9メートル)を用いる。一般的な植物工場内の光は、蛍光灯やLEDが用いられるが、経費節約のために太陽光を利用し、悪天時や夜間には太陽電池で蓄えた電力で人工光に切り替える。
 
 
工場内では、二酸化炭素や養液量などを制御した水耕栽培で葉物野菜を中心に栽培する。野末教授は「コンテナは断熱性に優れており温度制御のコストが削減できる。広大な敷地も不要。採光には光ファイバーを用いるため、窓はなく断熱性を保てる」と話す。
 

<信州大学先進植物工場研究センターイメージ>

 
信州大学では昨年11月に完工した先端植物工場研究センター(上田市)を4月から稼働させ、コンテナで栽培した野菜の成分分析や栽培システムの開発などを研究するという。また、同センター内には一般企業向けのレンタル研究室も用意し、産学官が連携した開発環境を整える。<詳細は施設概要(スライド紹介)にて>
 

経済産業省によると、植物工場は生育環境を制御し、1年を通じて計画的な栽培ができる。09年4月現在、ビルの一室などを使った完全人工光型と鉄骨ビニールハウスを使った太陽光・人工光併用型の2種類が全国に計50カ所ある。約7割が完全人工光型で、レタス、ハーブ、サラダ菜、トマトなどが栽培されている。信州大のモデルは、太陽光の利用やコンテナの活用により、より経費を節約できる利点がある。今後の研究や取組みに期待したい。<参考:2011年2月12日毎日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る