中部経済産業局主催「植物工場フォーラム」のご案内

中部経済産業局が主催する「東三河地域における植物工場の未来を描く -植物工場フォーラム2011」が3月4日に豊橋商工会議所にて開催されます。中部地域にお住まいの方、農業や植物工場にご興味がありましたら是非、ご参加頂ければ幸いです。当法人の代表も講演予定です。

 

中部経済産業局主催「植物工場フォーラム」開催のご案内
「東三河地域における植物工場の未来を描く – 植物工場フォーラム2011」

 
◆日時 平成23年3月4日(金)13:30 – 16:30(13時開場)

◆会場 豊橋商工会議所3Fホール※JR豊橋駅より徒歩5分
     (豊橋市花田町字石塚42-1 電話0532-53-7211)

◆主催:中部経済産業局

◆後援(予定):東海農政局、豊橋市、豊橋商工会議所、
  独立行政法人中小企業基盤整備機構、国立大学法人豊橋技術科学大学、
  株式会社サイエンス・クリエイト、豊橋農業協同組合

◆プログラム
 1.基調講演
  【テーマ】 「技術革新が進む植物工場の市場可能性と経営戦略」
  【講 師】 NPO法人イノプレックス代表理事 藤本 真狩 氏

 2.パネルディスカッション
  【パネラー】
   イシグロ農材(株) 代表取締役社長 石黒 功 氏
   (株)アグリポピュレイションジャパン 代表取締役 山根 正義 氏
   (株)信州サラダガーデン 代表取締役 小林 豊 氏
   豊橋温室園芸農業協同組合 代表理事組合長 榎島 弘光 氏
  【コーディネーター】
   (株)サイエンス・クリエイト 代表取締役専務 中野 和久 氏

◆申込方法  ※ 参加申込書(中部経済産業局主催「植物工場フォーラム」
 会社・団体名、所在地、電話番号、FAX番号、氏名をご記入の上、
 3月1日(火)までに下記宛にFAXまたはE-mailにてお申し込み下さい。

◆申込・問合先
 社団法人 地域問題研究所
  住所:名古屋市中区錦1-10-27 カネヨビル4階
  TEL:052-232-0022 FAX:052-232-0020
  E-mail shokubutsu@chimonken.or.jp
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
ページ上部へ戻る