食品冷却装置のケーイーコーポレーション等、静岡4社にて植物工場の実証実験と低コスト装置開発を予定

食品冷却装置などを製造するケーイーコーポレーションは4月までに、静岡県内のファクトリーオートメーション(FA)システム企業など計4社とともに「宍原ファーム植物工場プラント事業協同組合」を設立し、植物工場向けの装置開発に参入する予定である。
 
 
組合は年内に、清水工業団地(静岡市)内に研究開発を進めるための実験棟を建設する予定。団地内の廃工場をリニューアルして利用するほか、既存の排水処置施設を活用するなどして、設備投資を軽減する。内部調達の徹底や、国や全国中小企業団体中央会の補助金対象となる設備を選ぶことで、初期投資額を2千万円以下に抑えることができるという。
 
 
年内に建設する実験棟にて栽培データの蓄積した後、2012年からユニットの製造・販売を始める予定。大きさは長さ11.5メートル、幅2.3メートル、高さ2.5メートルで、サラダ菜などの野菜を水耕栽培できる多段式の棚型ユニットなどを検討している。同規模の大きさで、既存のユニットは約2000万円かかるが、設置コストの低い機器を開発、導入することで、価格を4分の3程度に抑える予定組合全体で初年度7500万円程度の売り上げを見込む。<参考:日本経済新聞より>