動物薬用・歯周病を対象にしたインターフェロン入りイチゴを植物工場内で生産。治験データを収集し年内に医薬品として申請予定

産業技術総合研究所北海道センターでは、床面積が約291平方メートルの「医薬製剤原料生産のための完全密閉型・植物工場」にて、水耕栽培によってイチゴやイネ、ジャガイモなど遺伝子組換え植物の栽培実験が行われている。そして、本センターでは、免疫の活性化に役立つタンパク質「インターフェロン」を含むイチゴが栽培できる新技術について、動物薬用を対象に平成23年にも医薬品として承認申請に踏み切る方針で準備を進めている、という。
 
 
今回の研究は、産総研・北海道センターが保有する特殊空調などで外部と遮断され、遺伝子組み換え植物の栽培や医薬品の生産を可能とする「植物工場」で進められた。実用化されれば、抗がん剤などとして用いられる高額なインターフェロンが安価に提供される可能性がある。同施設は、ホクサン(株)、(社)北里研究所など、民間企業や大学と共同研究が進められている。
 

<産総研WEBサイトより>

遺伝子を送り込む性質のある「アグロバクテリウム」という微生物に、試験管の中でインターフェロンの遺伝子を配合。その培養液に、1センチ程度に刻んだイチゴの葉の組織の細胞を約15分間浸した後、同細胞を植物体に再生させてイチゴの栽培を開始した。この方法により、約9カ月後にはイチゴが実を結び、1粒約10グラムの中に高濃度のインターフェロンが確認された。薬は、イチゴを凍結乾燥した粉末状。常温保存が可能で、1日1回イヌの歯茎に塗る。臨床試験は最終段階に入っているという。
 
 
インターフェロンとは、腫瘍細胞やウイルスの侵入に対し、免疫機能を高めるために細胞が分泌するタンパク質。B型、C型肝炎に対する抗ウイルス薬や、抗がん剤などとして用いられる。現在は細胞培養や遺伝子を組み換えた微生物などによって生産されている。
 
 
現在、イヌの歯周病を対象に、栽培されたインターフェロン入りイチゴの効果を検証しており、小型のビーグル犬で約1週間、大型のゴールデンレトリバーでは約1カ月で、出血が止まり腫れが引くなど歯肉炎の改善に効果が認められたという。産総研の試算では、広さ30平方メートルの栽培室で年間約300キロのイチゴを収穫することができ、イチゴに含まれるインターフェロンをイヌの歯周病の治療薬として利用すると年間100万匹分以上に相当する。歯周病は、2歳以上のイヌの8割が潜在的に罹患(りかん)しており、口臭や歯が抜けるなどの症状だけでなく、寿命にも影響がある、といわれている。
 
 
産総研では、イヌ用と同様に遺伝子を組み換えたヒト用のインターフェロン栽培にも成功しているが、ヒト用の新薬として承認されるには10年近くを要することから、承認までの期間が3年程度と短い動物薬の治験を先行させた。遺伝子組み換えによるイチゴの栽培でインターフェロンの生産が実用化されれば、現在高額なインターフェロンが将来には「1けたか2けた安価に提供できるようになる」(松村健植物分子工学研究グループ長)という。厚生労働省は「医薬品の効果的な開発につながるなら期待ができる」(医政局研究開発振興課)としている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  9. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る