出光興産が農事業へ本格参入。東海物産との合弁会社「出光アグリ株式会社」を設立

出光興産株式会社と東海物産株式会社は、両社の保有する農業・緑化資材、栽培資材・栽培施設などを共同で販売する合弁会社「出光アグリ株式会社」を2011年4月1日に設立する。新会社では出光興産が保有する生物農薬などの独自商品と東海物産が保有する受粉蜂・栽培プラントなどの独自商品を組み合わせてシナジー効果を狙っていく、とのこと。以下ではプレスリリースの一部を掲載しておく。
 

合弁会社「出光アグリ株式会社」の設立について
わが国の農業を取り巻く環境は、農家の高齢化や担い手不足、輸入農産物の増加による競争の激化などにより、年々その厳しさを増しています。このような環境下、生産現場ではコスト削減や収穫量の増加による生産性の向上、農産物のブランド化に励んでいます。高品質な農産物を低コストで安定的に生産するため、病害虫防除技術や生産全般における技術指導を求めるニーズ、そして農業生産者の経営に寄与する資材への要望が高まっています。
 
出光興産と東海物産は、両社が保有する商品、技術提案力を併せることによってシナジー効果を発揮し、生産者の経営に寄与していくという両社の事業目的が一致し、合弁会社の設立に至りました。
 
出光アグリ株式会社は、出光興産が保有する生物農薬などの独自商品と東海物産が保有する受粉蜂・栽培プラントなどの独自商品を組み合わせ、生産現場のニーズに応える提案・解決型の販売に努めます。販売体制は、関東、中部、九州の3営業所を拠点として、地域密着型の技術営業サービスに特化し、商品の普及を図ります。
 
さらに、これまで出光興産が展開してきた緑地管理の省力化をサポートする商品をラインアップに加え、取り扱い商品の大幅な拡大を図ります。設立初年度となる2011年の販売目標は25億円、2015年には40億円をめざします

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
ページ上部へ戻る