シンガポール政府と企業が連携して多段式・植物工場(試作品)の開発・設置に成功。自給率や水資源の節約のために大きな期待

シンガポールでは政府機関と民間企業による植物工場の研究開発・実験的な栽培が行われている。昨年、政府はLED(半導体)やバイオテクノロジーといったハイテク分野が切り開く新事業として植物工場に力を入れることを発表したばかりである。今回は、高さ6mの多段式・植物工場のプロトタイプ(試作品)をDJ ENGINEERING社とAgri-Food & Veterinary Authority (AVA) が協力して開発・設置している。
 
 
主にリーフ野菜を栽培しており、天井に設置した雨水タンクからパイプ上で水が流れ、多段式の栽培棚が回転する仕組みになっている。電力・エネルギー面でもメリットがあり、上部の雨水タンクから水を循環させるために、1時間当たり1kwのみを使用するだけである。同社によると、本システムを利用すれば従来型の土壌栽培より、少なくとも5倍の生産効率が可能となり、例えば5haに導入した場合は従来型の農業ではリーフレタスの生産量が500トンのところが、2500トンにまで生産可能だという。
 
 
現在は、プロトタイプ(試作品)にて実験栽培中であり、様々なデータを取得・解析している。その後は、今回の栽培システムを販売する計画であり、既にSky Greens社という新会社をを設立し、1セットを1万ドル程で販売する予定である。1つの多段式・栽培棚につき、22-26段くらいまでは設置可能であると、担当者は話している。
 
 
新会社であるSky Greens社は、リーフ野菜を生産するため、シンガポールのAgrotechnology Parks内の敷地に、3.5haの土地利用を申請している。まずは、レタスや中国キャベツなどを生産し、今年にはスーパーマーケットに実験販売する計画である。今回の植物工場には、国家開発省(Ministry of National Development :MND)の大臣も視察しており、こうした多段式・植物工場技術は、リーフ野菜の自給率10%という目標を達成することに有力な技術である、と発言している。ちなみに、現在の自給率は7%程である、という。

<大臣の視察の様子>

リーフ野菜の生産企業(農家)はシンガポールのLim Chu Kangエリアに集中しており、現在は37のリーフ生産農家が存在し、2006年に8300トン、去年の1月から9月の期間に7100トン、と安定的に生産を行っている。政府は水の自給率向上も重要な国家戦略の一つと考えており、完全循環型の多段式・水耕栽培(太陽光を利用したシステムも含む)に期待を寄せている。今後も、アグリ・フード分野を担当するAgri-Food & Veterinary Authority (AVA) だけでなく、Urban Redevelopment Authority (URA)やSingapore Land Authority (SLA)など、アーバンファーム(都市型農業)実現のために、様々な政府系機関が連携して支援(研究開発費や土地のリース契約の延長など)を行っていくようだ。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る