シンガポール政府と企業が連携して多段式・植物工場(試作品)の開発・設置に成功。自給率や水資源の節約のために大きな期待

シンガポールでは政府機関と民間企業による植物工場の研究開発・実験的な栽培が行われている。昨年、政府はLED(半導体)やバイオテクノロジーといったハイテク分野が切り開く新事業として植物工場に力を入れることを発表したばかりである。今回は、高さ6mの多段式・植物工場のプロトタイプ(試作品)をDJ ENGINEERING社とAgri-Food & Veterinary Authority (AVA) が協力して開発・設置している。
 
 
主にリーフ野菜を栽培しており、天井に設置した雨水タンクからパイプ上で水が流れ、多段式の栽培棚が回転する仕組みになっている。電力・エネルギー面でもメリットがあり、上部の雨水タンクから水を循環させるために、1時間当たり1kwのみを使用するだけである。同社によると、本システムを利用すれば従来型の土壌栽培より、少なくとも5倍の生産効率が可能となり、例えば5haに導入した場合は従来型の農業ではリーフレタスの生産量が500トンのところが、2500トンにまで生産可能だという。
 
 
現在は、プロトタイプ(試作品)にて実験栽培中であり、様々なデータを取得・解析している。その後は、今回の栽培システムを販売する計画であり、既にSky Greens社という新会社をを設立し、1セットを1万ドル程で販売する予定である。1つの多段式・栽培棚につき、22-26段くらいまでは設置可能であると、担当者は話している。
 
 
新会社であるSky Greens社は、リーフ野菜を生産するため、シンガポールのAgrotechnology Parks内の敷地に、3.5haの土地利用を申請している。まずは、レタスや中国キャベツなどを生産し、今年にはスーパーマーケットに実験販売する計画である。今回の植物工場には、国家開発省(Ministry of National Development :MND)の大臣も視察しており、こうした多段式・植物工場技術は、リーフ野菜の自給率10%という目標を達成することに有力な技術である、と発言している。ちなみに、現在の自給率は7%程である、という。

<大臣の視察の様子>

リーフ野菜の生産企業(農家)はシンガポールのLim Chu Kangエリアに集中しており、現在は37のリーフ生産農家が存在し、2006年に8300トン、去年の1月から9月の期間に7100トン、と安定的に生産を行っている。政府は水の自給率向上も重要な国家戦略の一つと考えており、完全循環型の多段式・水耕栽培(太陽光を利用したシステムも含む)に期待を寄せている。今後も、アグリ・フード分野を担当するAgri-Food & Veterinary Authority (AVA) だけでなく、Urban Redevelopment Authority (URA)やSingapore Land Authority (SLA)など、アーバンファーム(都市型農業)実現のために、様々な政府系機関が連携して支援(研究開発費や土地のリース契約の延長など)を行っていくようだ。