【講演資料の公開】鳥取市:スマートグリッドタウン推進セミナー(植物工場の今後の展開とビジネスチャンス)

1月11日に鳥取商工会議所にて「植物工場の今後の展開とビジネスチャンス」というテーマにて講演させて頂いた内容が財団法人 とっとり地域連携・総合研究センターのサイトに掲載されましたので、お知らせいたします。事例紹介ではみらくるグリーン社の五唐社長による講演と生産した野菜の試食など、参加者との双方向の意見交換が行われました。
 

 

スマート・グリッド・タウン推進セミナー(第3回)の開催について

鳥取市では「鳥取市雇用創造戦略方針」に基づき、スマートグリッドを活用した都市づくりを通じて、地域の雇用創造につなげていきたいと考えております。

ついては、第3回目のセミナーを下記のとおり開催することとしております。再利用可能なエネルギーの活用先として期待されている植物工場を取り上げます。スマートグリッドが、鳥取の企業にとってどのようなビジネスチャンスとなるのか、その可能性についてご講演をいただきます。
 
※ スマートグリッドとは、電力の流れを供給側、需要側の両方から制御し、最適化できる「次世代送電網」
 
日 時 
平成23年1月11日(火)13:30-15:50
               13:30-14:30 講演
               14:30-15:40 事例紹介
               15:40-15:50 質疑応答

場 所 
鳥取産業会館・鳥取商工会議所ビル5階 大会議室(鳥取市本町3丁目201番地)

参加費  
無 料 (当日参加 可)
 
プログラム
○ あいさつ
○ 講  演
演 題「植物工場の今後の展開とビジネスチャンス」
NPO法人イノプレックス
代表理事 藤 本 真 狩 氏

○ 事例紹介
演 題「植物工場に夢を託して!」
株式会社 みらくるグリーン
代表取締役 五 唐 秀 昭 氏

○ 質疑応答
 
主 催 
鳥取市、財団法人 とっとり地域連携・総合研究センター

後 援 
鳥取商工会議所、鳥取市東商工会、鳥取市西商工会、鳥取市南商工会、鳥取県中小企業団体中央会、鳥取県経済同友会

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る