農業による癒され感を数値化。信州せいしゅん村では農村セラピー事業に取り組む(拡大する園芸治療分野)

農村体験ツアーを受け入れている長野県・上田市の農業生産法人「信州せいしゅん村」は、農商工連携促進事業法の認定支援事業のひとつとして、「県農村セラピー協会(仮称)」を設立し、農村セラピーにも力を入れていく予定だという。同社は2000年に設立。02年に川遊びや農作業などをする日帰り農村体験事業「ほっとステイ」を開始。
 
 
今回の農村セラピー事業では、人間の感性の計測を専門とする信大繊維学部感性工学課程の上条正義教授の協力を得て、日帰りツアー参加者にアンケートによる癒やされ感の数値化を研究してきた。08年から約3年間で、ほっとステイ参加者500人余にアンケートを実施。「自然に接して心が洗われる感じがする」「気持ちのいい汗をかいていると思う」など40余の設問に体験前と後に答えてもらい、それぞれ癒やされ感を100点満点で数値化した。
 

設立予定の協会「県農村セラピー協会(仮称)」には、せいしゅん村を通じてほっとステイを実践している近隣地域の各団体、上田市内の宿泊施設、大手旅行代理店などが参加を予定。森林浴効果を研究している県立木曽病院(木曽郡木曽町)は、唾液などを調べてストレスを軽減できたか確認するのに協力する、という。
 
 
屋上の貸し農園ビジネスなどを進めるおもしろ農業の記事でも、農業体験を通じた園芸治療(園芸セラピー)について簡単に言及した。園芸療法とは、野菜や草花、樹木を育てることを通じて心身を癒やす療法。病気治療のほか障害者や高齢者などのリハビリにも用いられており、第2次世界大戦ごろに心の傷を負った人のリハビリとして欧米で始まった取り組みが起源という。日本に本格的に紹介されたのは1990年代で、95年の阪神大震災後のメンタル面のケアが脚光を浴びたこともキッカケの一つだろう。
 
 
近年では、認知症の治療の一環として、末期がん患者に対しての緩和ケアのためにハーブ(例:カモミール)を利用するケースなど、園芸治療を採用する病院も増えており、医学的根拠を研究するために、東京農業大学は06年に「バイオセラピー学科」を開設している。今後も農作物を生産する農業だけでなく、様々なサービスを付加したビジネスを展開することで、国内農業の活性化につなげていきたい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る