農業による癒され感を数値化。信州せいしゅん村では農村セラピー事業に取り組む(拡大する園芸治療分野)

農村体験ツアーを受け入れている長野県・上田市の農業生産法人「信州せいしゅん村」は、農商工連携促進事業法の認定支援事業のひとつとして、「県農村セラピー協会(仮称)」を設立し、農村セラピーにも力を入れていく予定だという。同社は2000年に設立。02年に川遊びや農作業などをする日帰り農村体験事業「ほっとステイ」を開始。
 
 
今回の農村セラピー事業では、人間の感性の計測を専門とする信大繊維学部感性工学課程の上条正義教授の協力を得て、日帰りツアー参加者にアンケートによる癒やされ感の数値化を研究してきた。08年から約3年間で、ほっとステイ参加者500人余にアンケートを実施。「自然に接して心が洗われる感じがする」「気持ちのいい汗をかいていると思う」など40余の設問に体験前と後に答えてもらい、それぞれ癒やされ感を100点満点で数値化した。
 

設立予定の協会「県農村セラピー協会(仮称)」には、せいしゅん村を通じてほっとステイを実践している近隣地域の各団体、上田市内の宿泊施設、大手旅行代理店などが参加を予定。森林浴効果を研究している県立木曽病院(木曽郡木曽町)は、唾液などを調べてストレスを軽減できたか確認するのに協力する、という。
 
 
屋上の貸し農園ビジネスなどを進めるおもしろ農業の記事でも、農業体験を通じた園芸治療(園芸セラピー)について簡単に言及した。園芸療法とは、野菜や草花、樹木を育てることを通じて心身を癒やす療法。病気治療のほか障害者や高齢者などのリハビリにも用いられており、第2次世界大戦ごろに心の傷を負った人のリハビリとして欧米で始まった取り組みが起源という。日本に本格的に紹介されたのは1990年代で、95年の阪神大震災後のメンタル面のケアが脚光を浴びたこともキッカケの一つだろう。
 
 
近年では、認知症の治療の一環として、末期がん患者に対しての緩和ケアのためにハーブ(例:カモミール)を利用するケースなど、園芸治療を採用する病院も増えており、医学的根拠を研究するために、東京農業大学は06年に「バイオセラピー学科」を開設している。今後も農作物を生産する農業だけでなく、様々なサービスを付加したビジネスを展開することで、国内農業の活性化につなげていきたい。