ボックス式・水耕栽培による無農薬ワサビ生産に取組む農事組合法人「多良岳」

建設業を営む高木茂さん(58)ら4人が2008年2月に設立した農事組合法人「多良岳」(佐賀県)では、ミネラルなどが豊富な多良岳山系の地下水を使い、無農薬ワサビの水耕栽培に取り組んでいる。渓流やわき水を使う水ワサビ(沢ワサビ)栽培と比べてかける労力が少なく、短期間で安定した収穫が見込めるという。
 
 
不況で「本業」の建設業や自動車整備業などを取り巻く状況は年々厳しくなり、従業員の高齢化も見据え、定年後にもできる新しい事業としてワサビの栽培を始めた。農林水産省の交付金や県、町の補助金などを受け、総事業費に約2億2千万円を投じた
 
 
岐阜県の会社から、栽培ノウハウの提供を受けた。約1.5ヘクタールの水田を借り、1メートル四方で深さが35センチほどある栽培箱:約3千箱を並べた。玉砂利や小石、砂などを30センチほど敷き詰め、人工のワサビ沢に。1箱にワサビ苗16株を植えた。地下100メートルからポンプでくみあげた水を、箱の上にある管で苗にかける。水温は一年中15から16度で安定しており、季節によって水温が上下する水ワサビ(沢ワサビ)に比べると、半年ほど早く育つという。2010年度の出荷分として3万2千株を植えた。すでに1万6千株は出荷しており、新たに同数の株を植え替えた。
 

(株)フォスWEBサイトより引用

代表理事の高木さんは「ワサビ栽培では気候の影響が大きい。昨夏のような酷暑では沢ワサビは育たないし、台風などでワサビ田に土砂が流入するなどする危険性もある。その点、水耕栽培は管理がしやすい」と話す。<参考:asahi.comより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る