カットしても数日間は水が出ない新品種トマトの開発。イスラエルでは欧州やロシア市場をターゲットに新商品の開発に取り組む企業が多い

IT、医療、そして農業分野においてハイテク市場に強みを持つイスラエルについて、今回は伝統的なモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)でのトマト栽培にチャレンジするR.T. freshをピックアップしたいと思う。中東市場では過去にもUAEカタールエジプト農業について紹介してきた。
 
 
同社は30年続く老舗企業であり、主に生鮮食品を中心に野菜・果物の生産から梱包、そして輸出まで行っており、その生産から販売までには、高度なトレーサビリティ・システムが導入されている。こうした安全・安心でかつ、マーケットニーズに合った商品を提供する企業であることが、同社の強みの一つだ。
 
 
同社の農場はイスラエルのNegev(ネゲブ)西部に大規模な露地栽培とハイテク温室ハウスがあり、その面積は100ヘクタール以上にもなる。当然のことながら農薬管理も徹底して行われており、欧州市場への輸出には必須となる「グローバルGAP」の認証も得ている。そして同社では現在、新品種トマトの実験栽培をイスラエルの伝統的なモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)であるTkumaにて行っている
 

 
イスラエルの農業形態について少しだけ触れておくと、基本的には個人農家ではなく、キブツ(Kibbutz,共同村のようなもの)やモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)といった集団単位で生産するのが一般的。日本からもボランティア・ツアーなどがあるキブツでは、自給自足を実現している村のようなものであり、そこには農場だけでなく、工場や学校、病院といったものも存在している。一方、モシャブ(Moshav)は日本でいう所の農業共同組合のようなものであり、農業資材の購入や販売も共同で実施する組合である。
 
 
話を戻し、R.T. fresh社では、伝統的なモシャブ(Moshav)で新しい品種のトマトを栽培している。その特徴は「カットしても水が出にくい」ということである。同社では、学校や旅行といったシーンで食べるサンドウィッチ用をターゲットにしているようだ。通常のトマトの場合は、カットすると水が出て、サンドイッチが水を吸ってしまい、美味しさがなくなってしまう。こうした課題を解決する新たな商品の開発に専念している。
 
 
今回の新品種トマトは、果実の固形部位に水分を閉じ込めることができ、カットした場合でも長期間、冷蔵庫で保存することができる。例えば、野菜をカットした際には、ボール容器の底に水が溜まる光景をよく見かけるが、その理由として、(1)そもそも野菜を洗った際の水きりが、しっかりできていない、(2)カットすると水が出やすい品種の野菜、といったことが考えられる。
 
 
日本でも実は(1)が原因であることも多い。簡単なヒアリング調査でも、専用の水きり道具を持っていない家庭が多く、簡易的なザルでの水切りで済ます家庭がほとんどであった。もちろん、時間が経過するにつれてカットした野菜から水が出ることもある。忙しい都会のライフスタイルには、安全・安心で美味しいだけでなく、水洗いが不要で、カットしても長時間、水が出ないトマトのニーズもあるのかもしれない
 
 
同社の新開発されたトマトは、カットした後に冷蔵庫で保存しても、数日間は水が出ないという。こうした特長を持つトマトは当然、業務用としてもニーズが高いだろう。このようにイスラエルでは、新たなマーケットや需要開拓のために様々な品種が開発され、欧州やロシア市場に販売されている。イスラエルの強みは冬の間でも、低コストでトマトを栽培できる高度な技術と経験を持ち、ビジネスとしてのネットワーク・人脈も豊富であることだろう。今後も定期的にイスラエル企業を紹介していきたいと思う。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る