カットしても数日間は水が出ない新品種トマトの開発。イスラエルでは欧州やロシア市場をターゲットに新商品の開発に取り組む企業が多い

IT、医療、そして農業分野においてハイテク市場に強みを持つイスラエルについて、今回は伝統的なモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)でのトマト栽培にチャレンジするR.T. freshをピックアップしたいと思う。中東市場では過去にもUAEカタールエジプト農業について紹介してきた。
 
 
同社は30年続く老舗企業であり、主に生鮮食品を中心に野菜・果物の生産から梱包、そして輸出まで行っており、その生産から販売までには、高度なトレーサビリティ・システムが導入されている。こうした安全・安心でかつ、マーケットニーズに合った商品を提供する企業であることが、同社の強みの一つだ。
 
 
同社の農場はイスラエルのNegev(ネゲブ)西部に大規模な露地栽培とハイテク温室ハウスがあり、その面積は100ヘクタール以上にもなる。当然のことながら農薬管理も徹底して行われており、欧州市場への輸出には必須となる「グローバルGAP」の認証も得ている。そして同社では現在、新品種トマトの実験栽培をイスラエルの伝統的なモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)であるTkumaにて行っている
 

 
イスラエルの農業形態について少しだけ触れておくと、基本的には個人農家ではなく、キブツ(Kibbutz,共同村のようなもの)やモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)といった集団単位で生産するのが一般的。日本からもボランティア・ツアーなどがあるキブツでは、自給自足を実現している村のようなものであり、そこには農場だけでなく、工場や学校、病院といったものも存在している。一方、モシャブ(Moshav)は日本でいう所の農業共同組合のようなものであり、農業資材の購入や販売も共同で実施する組合である。
 
 
話を戻し、R.T. fresh社では、伝統的なモシャブ(Moshav)で新しい品種のトマトを栽培している。その特徴は「カットしても水が出にくい」ということである。同社では、学校や旅行といったシーンで食べるサンドウィッチ用をターゲットにしているようだ。通常のトマトの場合は、カットすると水が出て、サンドイッチが水を吸ってしまい、美味しさがなくなってしまう。こうした課題を解決する新たな商品の開発に専念している。
 
 
今回の新品種トマトは、果実の固形部位に水分を閉じ込めることができ、カットした場合でも長期間、冷蔵庫で保存することができる。例えば、野菜をカットした際には、ボール容器の底に水が溜まる光景をよく見かけるが、その理由として、(1)そもそも野菜を洗った際の水きりが、しっかりできていない、(2)カットすると水が出やすい品種の野菜、といったことが考えられる。
 
 
日本でも実は(1)が原因であることも多い。簡単なヒアリング調査でも、専用の水きり道具を持っていない家庭が多く、簡易的なザルでの水切りで済ます家庭がほとんどであった。もちろん、時間が経過するにつれてカットした野菜から水が出ることもある。忙しい都会のライフスタイルには、安全・安心で美味しいだけでなく、水洗いが不要で、カットしても長時間、水が出ないトマトのニーズもあるのかもしれない
 
 
同社の新開発されたトマトは、カットした後に冷蔵庫で保存しても、数日間は水が出ないという。こうした特長を持つトマトは当然、業務用としてもニーズが高いだろう。このようにイスラエルでは、新たなマーケットや需要開拓のために様々な品種が開発され、欧州やロシア市場に販売されている。イスラエルの強みは冬の間でも、低コストでトマトを栽培できる高度な技術と経験を持ち、ビジネスとしてのネットワーク・人脈も豊富であることだろう。今後も定期的にイスラエル企業を紹介していきたいと思う。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る