カットしても数日間は水が出ない新品種トマトの開発。イスラエルでは欧州やロシア市場をターゲットに新商品の開発に取り組む企業が多い

IT、医療、そして農業分野においてハイテク市場に強みを持つイスラエルについて、今回は伝統的なモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)でのトマト栽培にチャレンジするR.T. freshをピックアップしたいと思う。中東市場では過去にもUAEカタールエジプト農業について紹介してきた。
 
 
同社は30年続く老舗企業であり、主に生鮮食品を中心に野菜・果物の生産から梱包、そして輸出まで行っており、その生産から販売までには、高度なトレーサビリティ・システムが導入されている。こうした安全・安心でかつ、マーケットニーズに合った商品を提供する企業であることが、同社の強みの一つだ。
 
 
同社の農場はイスラエルのNegev(ネゲブ)西部に大規模な露地栽培とハイテク温室ハウスがあり、その面積は100ヘクタール以上にもなる。当然のことながら農薬管理も徹底して行われており、欧州市場への輸出には必須となる「グローバルGAP」の認証も得ている。そして同社では現在、新品種トマトの実験栽培をイスラエルの伝統的なモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)であるTkumaにて行っている
 

 
イスラエルの農業形態について少しだけ触れておくと、基本的には個人農家ではなく、キブツ(Kibbutz,共同村のようなもの)やモシャブ(Moshav,農業共同組合のようなもの)といった集団単位で生産するのが一般的。日本からもボランティア・ツアーなどがあるキブツでは、自給自足を実現している村のようなものであり、そこには農場だけでなく、工場や学校、病院といったものも存在している。一方、モシャブ(Moshav)は日本でいう所の農業共同組合のようなものであり、農業資材の購入や販売も共同で実施する組合である。
 
 
話を戻し、R.T. fresh社では、伝統的なモシャブ(Moshav)で新しい品種のトマトを栽培している。その特徴は「カットしても水が出にくい」ということである。同社では、学校や旅行といったシーンで食べるサンドウィッチ用をターゲットにしているようだ。通常のトマトの場合は、カットすると水が出て、サンドイッチが水を吸ってしまい、美味しさがなくなってしまう。こうした課題を解決する新たな商品の開発に専念している。
 
 
今回の新品種トマトは、果実の固形部位に水分を閉じ込めることができ、カットした場合でも長期間、冷蔵庫で保存することができる。例えば、野菜をカットした際には、ボール容器の底に水が溜まる光景をよく見かけるが、その理由として、(1)そもそも野菜を洗った際の水きりが、しっかりできていない、(2)カットすると水が出やすい品種の野菜、といったことが考えられる。
 
 
日本でも実は(1)が原因であることも多い。簡単なヒアリング調査でも、専用の水きり道具を持っていない家庭が多く、簡易的なザルでの水切りで済ます家庭がほとんどであった。もちろん、時間が経過するにつれてカットした野菜から水が出ることもある。忙しい都会のライフスタイルには、安全・安心で美味しいだけでなく、水洗いが不要で、カットしても長時間、水が出ないトマトのニーズもあるのかもしれない
 
 
同社の新開発されたトマトは、カットした後に冷蔵庫で保存しても、数日間は水が出ないという。こうした特長を持つトマトは当然、業務用としてもニーズが高いだろう。このようにイスラエルでは、新たなマーケットや需要開拓のために様々な品種が開発され、欧州やロシア市場に販売されている。イスラエルの強みは冬の間でも、低コストでトマトを栽培できる高度な技術と経験を持ち、ビジネスとしてのネットワーク・人脈も豊富であることだろう。今後も定期的にイスラエル企業を紹介していきたいと思う。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  9. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  10. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る