新規事業として植物工場に取り組む日本蓄電器工業。春からは規模拡大・日産300株ほどの生産体制へ

アルミ電解コンデンサ用電極はくの専業メーカーである日本蓄電器工業は2010年春から、設計や生産管理を専門とする4人の技術者を中心に、植物工場によるレタスなど葉物野菜の生産を開始している。同社では、野菜の栽培にものづくりの発想を持ち込み、第2の事業の柱に育てたいと考えている。
 
 
工場は本社敷地内に設置。物置として利用していた旧工場の一画に建設している。無菌ルームにしており、6.5m×6.5mの栽培ルーム内に、多段式の水耕栽培にて、サラダ菜やシソ、バジルなど約10種類を栽培している
 
 
社内に新規事業開発部を設立したのは2009年の夏。植物工場の提案者でリーダーでもある木下輝彦シニアマネージャーは、事業をスムーズに立ち上げるため、植物工場の運営で実績のあるリバネスと連携して取り組むことにした。こちらも植物生理学や植物病理学の博士号取得者などで組織する理系集団。サンドイッチチェーンの日本サブウェイが進める植物工場併設の店づくりにも関わっている。<店舗併設型・植物工場の記事はこちら
 
 
葉物野菜は、室内の温度や光のあて方、養分の与え方によって成長日数はもちろん、味や色、柔らかさなどが変わってくる。光ひとつをとってもどんな光がよいのか、どのようなあて方がいいのか。さまざまな検証を経て、レタスの一種であるフリルアイスの栽培日数は当初の49日から45日まで短縮できた。現在は多くの品種での実験栽培を行っており、データの蓄積や生産現場における栽培システムの改善に取り組んでいる。
 
 
設計部門から異動した山口友紀アシスタントマネージャーは、工場設備の改善に取り組んでいる。植物と蛍光灯との距離を、どこまで縮められるかによってユニットの段数を増やすことができる。反射板の配置によって光の無駄をなくすことも可能だ。山口さんは「効率的な植物工場の形をつくれれば、栽培ユニットの製造や工場設計などに事業領域を広げられる」と意気込む。
 
 
2011年春からは、パート社員を募集して日常の作業は任せる方針である。工場の規模も8-10倍程度に拡大し、フリルアイスで日産300株程度の生産を見込む。再来年にはさらに10倍に拡大し、日産3000-1万株を目指す計画である。<参考:日経MJ、2010年12月12日の記事より>