地下の閉鎖空間・環境制御によるスギゴケの栽培/植物工場(宇宙開発)の研究も進める大阪府立大学

植物工場の研究開発拠点として認定されている大阪府立大学では、店舗併設型・植物工場を展開するサブウェイの2号店が研究センター内に出店予定だが(関連記事)、同大学では完全閉鎖内でのスギゴケの栽培実験など、非常に面白い研究開発を行っている(各大学の情報について→ こちら)。
 
 
例えば、1964年に六甲山系の土砂を運ぶために敷設された地下のベルトコンベヤー(神戸市)の一部をスナゴケによる人工栽培に利用している。スナゴケは土が不要で雨水だけで生きられるほど生命力に優れ、ビル屋上や壁面緑化による都市部のヒートアイランド緩和の一助になると期待が集まっている
 
 
実験現場に地下が選ばれているのは「トンネル内は季節にかかわらず、室温が一定で育成に適しているからだ」と同大学の村瀬治比古教授は説明している。スナゴケは約40メートルにわたるマット上で栽培し、コンピューター制御でタンクからの水やりや光を調整。ウェブ上で生育状況を監視している。また生産したスナゴケは商品化され、設立したベンチャー企業を通じて、住宅メーカーなどを対象に1平方メートル約2万5千円で販売している

神戸新聞WEBより

冬でも枯れないスナゴケを建物の緑化に利用する製品はこれまでもあったが、成長が遅く壁面や屋根を十分に覆う広さまで育てるのに2、3年かかるのが難点だったが、環境条件を管理することで、従来の4分の1の期間で育成できる点が強みである。屋上緑化は、工場立地法が改正され、敷地内に義務付けられた緑化が屋上でも可能になったこともあり都市部を中心に拡大中。こうした需要拡大を狙って、低コストで栽培できる技術確立を進めている。
 
 
研究グループは野菜栽培のLED技術を転用し、スナゴケの光合成を促し量産につなげる装置も開発しており、2?3年かかる育成期間を半年に短縮、育成コストも最大5割削減できると計算している。「コスト問題をクリアできれば、LED装置をトンネルにも導入し安定した生産体制を構築したい」とのこと。同大学では、丸紅の大阪支社にある植物工場にも技術強力しており、今後の研究開発の成果に期待したい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る