ワタミの農業ビジネス参入における現状(09年畑作が初の黒字、今後も600haにまで農地拡大)

居酒屋チェーンなどを展開するワタミ(株)では、早くから農業事業へ参入した。同社は、02年に農業法人ワタミファームを設立。現在までに、北海道や京都府など7カ所の農場で合計約480ヘクタールの農地で栽培を行っているワタミにおける農業部門の売上高は約34億円(09年3月期)であり、農業部門全体では赤字が続いている(09年3月期で2000万円の赤字)。
 
ワタミ株式会社の連結業績は、売上高が1112億円(前期比6・7%増)、経常利益が61億円(18・2%増)の最高益を更新(09年3月期)。不景気の影響で外食事業の客数が伸び悩む中、介護事業が業績をけん引した。
 
 
農業部門の赤字原因は農業部門に含まれる畜産事業であり、飼料代や人件費コストの上昇などが影響して、農業部門の足を引っ張っている。しかし現在の所(2009年12月末)、畜産事業を手放すことは考えていないようである(株主総会における渡辺美樹会長の発言による)。農業部門全体では赤字であるものの、畑作部門のみであれば09年に初の黒字化した。生産した野菜は自社の約600店のサラダなどに使用しており、栽培・収穫された野菜の9割以上を自社店舗で使用している。(「有機野菜の照焼チキンシーザーサラダ」(523円)など6種類のサラダで使用)
 
 
しかし、約600店ある自社店舗が必要とする量の野菜を栽培できておらず、店舗で使用する葉野菜の1〜2割程度が自社農場で栽培されたものであり、他は別ルートから仕入れている。今後も農地を拡大していく計画であり、現在の約480ヘクタールから2013年までには約600ヘクタールにまで拡大する計画。2010年4月に大分県臼杵(うすき)市から、約5ヘクタールの農地を賃借し、有機野菜(トマトやサツマイモ等)を栽培する農場を開設することが決定している(11年には10ヘクタールまで拡大する予定)。
 
 
大分の農場開設にあたり、県と市から三年間で約1千万円の補助を受けながら農場を運営する予定だが、このように市町村などの自治体(またはJAなど)を巻きこむことが成功のカギであるかもしれない。というのも、栽培技術を持たない異分野からの参入には、補助金や市町村(自治体)などの支援・協力を得ながら、可能な限り少ない投資額でリスクを軽減することが重要である。また、栽培技術を導入するために、地元農家(農業法人)や農業技術を保有する中小企業との連携も必要だろう
 
 
ワタミでは農地リースを受ける際、行政から耕作放棄地などを次々と紹介され、白浜農場(千葉県南房総市)や京丹後農場(京都府京丹後市)を開設したが、土壌環境が悪く栽培には適さない農地であることが、実際に栽培してみて判明したという。農地リースにより参入した白浜農場は3000万円を初期投資したが、毎年2500万円の赤字が発生し、当初10ヘクタールあった農地の半分は3年前に返却してしまった。事前の綿密な土壌調査を行うべきだったのだが、ここにも農業技術の弱さが原因にあるのかもしれない。
 
 
外食産業の農業ビジネス参入の強みは、自社店舗などの安定的な販路が確保されていることである。よって、技術導入した大規模生産や特殊品種の栽培など、高品質な農作物が低コストで栽培できれば成功する可能性は高い。そのためには「技術力のある中小企業」や「栽培経験知が豊富にある農家(農業法人、地元JAも含め)」との連携・交流が必要不可欠ではないだろうか
 
※ 参考記事:日経流通新聞(2009/07/24)など多数。その他(ワタミ株式会社の事業報告書など)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る