建設会社が金沢市と提携し、野菜の栽培事業を開始(大三建設、明翫組など)

(補足記事2010.6.1)金沢市と提携しながら農業分野へ参入した大三建設や明翫組も経営的には厳しいようだ。関連記事を以下に掲載しておく。明翫組は、2007年から自然薯(じねんじょ)を栽培している。天然物のように曲がりくねりながらも、一定規格の箱には収まるサイズに育成、歳暮などのギフト需要を開拓している。農業部門の専任社員は1人だが、09年は約2100本を収穫した。しかし、企業イメージ向上にはつながったが、黒字にするのは難しい(農業事業部)という。

また2009年6月からビニールハウスで無農薬の水菜を栽培している大三建設も「スーパーで扱ってもらうには水菜の寸法をそろえて、均一に袋詰めしなくてはならない。利益は出ていない」(総務部)と明かしている。農業分野への参入から収支トントンか黒字になるまでに平均7.6年もかかるという調査結果もあることから、本業に余裕がなくなってから参入しても、経営の苦しさに拍車がかかるだけ、というのが現実のようだ。成功企業はごく少数であり、企業の農業参入の実態はかなり厳しい。

 
 
建設業の大三建設(株)(株)明翫組、寿司の販売会社である(株)四十萬谷本舗の三社と金沢市が農地管理などに関する協定を結び、金沢市内の耕作放棄地を農地として転借し、野菜の栽培事業に乗り出した
 
 
市は土地所有者から農地を五年間賃借し、協定を結んだ企業に貸すという仕組み。明翫組が89アールで自然薯(じねんじょ)やサツマイモを栽培し、四十萬谷本舗が32アールで漬物などに使うナスやかぶなどを栽培、大三建設は18アールで水菜などの栽培を行っている。
 
 
この他でも、鮮魚卸・加工を手がける(株)釣屋魚問屋のグループ企業である(株)T-marksは、市との五年契約で中山間地の3.7haを借り、ワイン用のブドウ4000株やブルーベリーなどの栽培を行っている。
 
 
同社では今後、洋ナシやイチジクなどの栽培も開始し、収穫されるブドウの一部は外部に醸造を委託し、ワインの販売事業にも乗り出す。また2010年には、自前で栽培から醸造まで手掛けたワイン製品の販売、そして約40席のカフェを開業する計画である。
 
 
明翫組
 
 
※ 参考記事:日本経済新聞(2009/01/23)の記事、各社HPの掲載情報など
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る