大人だけでなく子供のベジタリアンも増加傾向(米国)、140万人以上にも上る子供たちへの注意点

今は大人だけでなく、子供たちにも成人病や肥満と診断される一方で、両親からの教育や友人からのアドバイス、メディア媒体やダイエットなど、ちょっとしたキッカケから、ベジタリアンになる子供たちが米国では増えているようだ。例えば、Vegetarian Resource Groupによると、8歳から18歳までの子供1258人を対象に全米で調査したところ、1995年には1.4%だったものが、現在では3%にまで拡大しており、米国では牛肉や鶏肉といった肉類やシーフードなどを食べないベジタリアンの子供が140万人以上いると推計されている。
 
 
もちろん野菜を中心とした食事は、肉ばかりの食事よりも本質的には健康である。過剰な動物性タンパクを中心とした食事によって、男性・女性ともに、慢性的な成人病や早期死亡リスクが高まることは明らかである。また、野菜を中心とした低炭水化物の食事は、血管関連の疾患・死亡率を低下させることも分かっている。
 
 
また、German Cancer Research Centerが実施した、1904年から21年間に渡ってベジタリアンを追跡した調査によると、ベジタリアンの男性は、早期死亡リスクを50%も減少し、女性は30%も減少している、という報告もある。ただし、動物性タンパクや糖分・脂質の過剰摂取による様々なリスクと同様に、過剰なベジタリアンの子供たちにも注意が必要である。
 
大人だけでなく子供のベジタリアンも増加傾向(米国)、140万人以上にも上る子供たちへの注意点
 
Children’s National Medical Centerの小児科医であるHemant Sharma医師によると、野菜を中心とした食事ばかりだと、繊維質の食べ物を多くとることになり、1日の必要な摂取カロリーに達する前に満足感を覚え、十分な活動エネルギーを供給できる食事量に達する前に、満腹になってしまう傾向がある、という。よって、医師は、ベジタリアンの子供を持つ親に以下のようなことを勧めている。それは、3度のしっかりとした食事と、3度の高エネルギースナックである。
 
 
スナックといっても、豆腐や卵といった高タンパク食品と同様の効果を持つ、ナッツや植物の種、アボガドといったものである。特に10代の女性には鉄分を中心に気をつけながら、その他の子供たちにも、ビタミンDやB12、カルシウムなどの必要な栄養素をしっかり摂取できるような定期的な補給が重要である、という。
 
 
近年では病気も多様化しており、それは子供達においても同様である。肥満傾向の子供達には、専用のサプリメントや運動プログラムを提供するサービスがあれば、ベジタリアンの子供達には、親に過剰な危機感を抱かせながら、スナック感覚で食べられるサプリも販売されている。日本では、ベジタリアンの子供たちの数についてデータが少ないようだが、米国では今後も増える傾向にあると、どの調査でも同様の見解であった。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  5. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る