大人だけでなく子供のベジタリアンも増加傾向(米国)、140万人以上にも上る子供たちへの注意点

今は大人だけでなく、子供たちにも成人病や肥満と診断される一方で、両親からの教育や友人からのアドバイス、メディア媒体やダイエットなど、ちょっとしたキッカケから、ベジタリアンになる子供たちが米国では増えているようだ。例えば、Vegetarian Resource Groupによると、8歳から18歳までの子供1258人を対象に全米で調査したところ、1995年には1.4%だったものが、現在では3%にまで拡大しており、米国では牛肉や鶏肉といった肉類やシーフードなどを食べないベジタリアンの子供が140万人以上いると推計されている。
 
 
もちろん野菜を中心とした食事は、肉ばかりの食事よりも本質的には健康である。過剰な動物性タンパクを中心とした食事によって、男性・女性ともに、慢性的な成人病や早期死亡リスクが高まることは明らかである。また、野菜を中心とした低炭水化物の食事は、血管関連の疾患・死亡率を低下させることも分かっている。
 
 
また、German Cancer Research Centerが実施した、1904年から21年間に渡ってベジタリアンを追跡した調査によると、ベジタリアンの男性は、早期死亡リスクを50%も減少し、女性は30%も減少している、という報告もある。ただし、動物性タンパクや糖分・脂質の過剰摂取による様々なリスクと同様に、過剰なベジタリアンの子供たちにも注意が必要である。
 
大人だけでなく子供のベジタリアンも増加傾向(米国)、140万人以上にも上る子供たちへの注意点
 
Children’s National Medical Centerの小児科医であるHemant Sharma医師によると、野菜を中心とした食事ばかりだと、繊維質の食べ物を多くとることになり、1日の必要な摂取カロリーに達する前に満足感を覚え、十分な活動エネルギーを供給できる食事量に達する前に、満腹になってしまう傾向がある、という。よって、医師は、ベジタリアンの子供を持つ親に以下のようなことを勧めている。それは、3度のしっかりとした食事と、3度の高エネルギースナックである。
 
 
スナックといっても、豆腐や卵といった高タンパク食品と同様の効果を持つ、ナッツや植物の種、アボガドといったものである。特に10代の女性には鉄分を中心に気をつけながら、その他の子供たちにも、ビタミンDやB12、カルシウムなどの必要な栄養素をしっかり摂取できるような定期的な補給が重要である、という。
 
 
近年では病気も多様化しており、それは子供達においても同様である。肥満傾向の子供達には、専用のサプリメントや運動プログラムを提供するサービスがあれば、ベジタリアンの子供達には、親に過剰な危機感を抱かせながら、スナック感覚で食べられるサプリも販売されている。日本では、ベジタリアンの子供たちの数についてデータが少ないようだが、米国では今後も増える傾向にあると、どの調査でも同様の見解であった。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る