サウジがセネガルの巨大農地リース交渉を進め、穀物類の輸入依存からの脱却、さらには中東地域への穀物供給国へ意欲を見せる

セネガルは、サウジアラビアへの農地リース交渉を行っている、と公式に発表した。サウジアラビアやUAEといったGCC諸国は、アジアやアフリカ農地を買収・リースによる獲得を進めているのはご存知のとおり。長期的・短期的な要因はあるものの、一番大きなキッカケは、2008年に2倍にも跳ね上がった食料価格高騰に直面し、食料安全保障問題の観点から海外農地獲得(リース)に投資を集中させている。
 
 
今回のセネガルと交渉している農地についても巨大であり、全体としては約40万ヘクタールの提供を交渉している、という。ただし、無秩序な農地買収は現地農民・労働者の反感・暴動、さらには国際機関やNPO(NGO)による非難の対象になりかねない。こうした事件は2008年の食料価格高騰にて経験済みである。よって、今回は現地農家への配慮も行いながら、交渉を進めている、という。
 
 
水資源の枯渇に悩むサウジでは、栽培の際に大量の水を使用する穀物類の国内生産を急激に減少させており、同国では一時期自給率100%を達成していた小麦についても、2016年までには全て輸入(海外農地での生産も含む)に頼ることを発表しており、年間に必要とする260万トンの小麦を海外から確保する必要がある。
 
サウジがセネガルの巨大農地リース交渉を進め、小麦や米といた穀物類の輸入依存からの脱却、中東地域への供給国へ意欲を見せる
 
また、コメについては、Islamic Development Bank(イスラム開発銀行)を筆頭にサウジの投資家で構成されるForas International Investment Companyが去年、7年計画を公表し、アフリカへの10億ドルの投資を行い、コメの輸入による依存度を減少させ、今後はアフリカ農地で生産したコメを中東地域へ供給する計画を進めている。
 
 
こうしたアフリカ農地でのコメの生産計画について、Foras International Investment Companyでは、「7×7プロジェクト」と題して、70万ヘクタールにも及ぶ農地の開拓・整備を行い、7年以内に700万トンの米を生産する計画を発表している。同社によると、現在のセネガルとの交渉でも、15万?20万ヘクタールの農地について、買収・リース交渉を行っているが、まだ正式は契約を締結していない、という。International Food Policy Research Institute (IFPRI)によると、海外の投資家は2006年から現在までに、途上国の1500?2000万ヘクタールにも上る農地を獲得していると推計されており、今後もこうした傾向が続くことは間違いないだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. ドーワテクノス、太陽光を有効活用した新しい農業資材。光合成促進調光ネットの国内販売を開始
     産業用設備の総合技術商社である株式会社ドーワテクノス(本社:福岡県北九州市、社長:小野裕和)は、台…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る