サウジがセネガルの巨大農地リース交渉を進め、穀物類の輸入依存からの脱却、さらには中東地域への穀物供給国へ意欲を見せる

セネガルは、サウジアラビアへの農地リース交渉を行っている、と公式に発表した。サウジアラビアやUAEといったGCC諸国は、アジアやアフリカ農地を買収・リースによる獲得を進めているのはご存知のとおり。長期的・短期的な要因はあるものの、一番大きなキッカケは、2008年に2倍にも跳ね上がった食料価格高騰に直面し、食料安全保障問題の観点から海外農地獲得(リース)に投資を集中させている。
 
 
今回のセネガルと交渉している農地についても巨大であり、全体としては約40万ヘクタールの提供を交渉している、という。ただし、無秩序な農地買収は現地農民・労働者の反感・暴動、さらには国際機関やNPO(NGO)による非難の対象になりかねない。こうした事件は2008年の食料価格高騰にて経験済みである。よって、今回は現地農家への配慮も行いながら、交渉を進めている、という。
 
 
水資源の枯渇に悩むサウジでは、栽培の際に大量の水を使用する穀物類の国内生産を急激に減少させており、同国では一時期自給率100%を達成していた小麦についても、2016年までには全て輸入(海外農地での生産も含む)に頼ることを発表しており、年間に必要とする260万トンの小麦を海外から確保する必要がある。
 
サウジがセネガルの巨大農地リース交渉を進め、小麦や米といた穀物類の輸入依存からの脱却、中東地域への供給国へ意欲を見せる
 
また、コメについては、Islamic Development Bank(イスラム開発銀行)を筆頭にサウジの投資家で構成されるForas International Investment Companyが去年、7年計画を公表し、アフリカへの10億ドルの投資を行い、コメの輸入による依存度を減少させ、今後はアフリカ農地で生産したコメを中東地域へ供給する計画を進めている。
 
 
こうしたアフリカ農地でのコメの生産計画について、Foras International Investment Companyでは、「7×7プロジェクト」と題して、70万ヘクタールにも及ぶ農地の開拓・整備を行い、7年以内に700万トンの米を生産する計画を発表している。同社によると、現在のセネガルとの交渉でも、15万?20万ヘクタールの農地について、買収・リース交渉を行っているが、まだ正式は契約を締結していない、という。International Food Policy Research Institute (IFPRI)によると、海外の投資家は2006年から現在までに、途上国の1500?2000万ヘクタールにも上る農地を獲得していると推計されており、今後もこうした傾向が続くことは間違いないだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る