米国の都市型ファーム、自然との調和を目指したパーマカルチャーをロサンゼルスで実践(Edendale Farm)

米国では近年、メディア・企業が都市型農業(アーバン・ファーム)を推進する報道やプロジェクトが増えてきた。より多くの人々が都会に住むことを選択し、密集した地域内では食料自給や環境問題など様々な問題が発生する。こうした都市部に集中する課題をテクノロジー(水耕・植物工場や屋上緑化、リサイクルなど)や循環型農業で解決に導こうとする取組みが行われている。
 
 
今回は、ロサンゼルス繁華街近くのシルバーレイク郊外にあるEdendale Farmをご紹介する。建築家であったオーナーのDavid Khan氏は、持続可能な農業、自然・人間との調和を目指したパーマカルチャーを学んだ後に小さな農場を開始した
 

 
Edendale Farmでは、季節の果物や野菜をパーマカルチャーの原理を利用して栽培しており、周辺の10から15の家族に提供している。栽培しているスペースは非常に小さいが、循環型農業や廃棄物ゼロを目指しており、コンポスト・トイレやソーラー発電のシャワー、すべてのものが自然と調和するように設計されている。その他、周辺住民が集まるコミュニティとしても機能しており、ファームではワークショップや子供たちの教育プログラムも実施されている。(関連動画
 
 
米国の場合、都市部から少し郊外に行けば、自然あふれる場所も多い。しかし、都会の高層ビルディングや日本のような狭い密集した都市部では、こうした循環型農業には注意も必要である。密集した住宅街では、家畜や糞尿の匂いや騒音といった周辺住民との衝突を招きかねないからである。せっかく周辺住民に対するサステナブルな食材供給や教育、コミュニティとしての機能を果たすつもりが、迷惑オジサンや危険人物として誤解されることもあるだろう。この辺は地域ニーズや現状に合わせて、様々なアプローチ方法を考える必要があるのかもしれない。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  8. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  9. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  2. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る