中国でも遠隔制御可能な小型・植物工場の研究をスタート。世界的な大企業や大学との提携を進めながら独自技術の確立を目指す

中国農業科学院・農業環境/持続可能発展研究所の傘下企業である北京中環易達設施園芸科技有限公司は、北京でこのほど、新しく開発に成功した家庭用の植物工場と、家庭用園芸シリーズを発表すると同時に、オランダのフィリップス ライティング、日本の三菱化学、松下(中国)電工、台湾の億光、揚子電器、欧琳集団などの世界的な大企業と戦略協力合意を結んだ、と報告している。
 
 
現在のところ、栽培システムや提携内容について詳細は明らかになっていないが、報道によると、小型モデルや家庭用植物工場の開発をスタートしたようだ。冷蔵庫ほどのコンパクトでありながら、装置の中はそれぞれ、野菜生産エリア、育苗エリア、食用菌エリアなどに分かれている、という。また、携帯電話、ノートパソコン、PDAなどのインターネット端末を利用すれば遠隔操作・制御も可能であり、様々なパラメータ・栽培条件をオンライン上で管理できる。
 
 
中国農業科学院・農業環境/持続可能発展研究所では、古くから太陽光を利用した温室ハウスに関する研究は行われていたが、今後は循環型農業や堆肥化・バイオマスの実証実験、よりハイテクな技術分野(品種改良・遺伝子組み換え、バイオテクノロジー)、そして植物工場(人工光を利用した栽培技術)への研究開発に力を入れていくようだ
 
 
中国や台湾の大学研究者や政府関係者は、オランダのハイテク・温室ハウス(太陽光利用型)や日本の大学や企業への調査を継続的に行っている。各大学などが行う研究会では、多くの植物工場に関する日本企業が話に挙がり、全てのWEBサイトやパンフレット・資料が翻訳され、技術に関するディスカッションが行われており、日本企業によるアジア進出の優位性も次第に薄れていくのではないか、と感じてしまいました。日本企業による海外進出についても、どの国・マーケットにどういった事業モデルで参入し、どの現地企業と組むのか、しっかり検討しながらも迅速・スピーディーにビジネスを展開していく必要があるのではないでしょうか。
 
<参考:「人民網日本語版」2010年12月10日
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  3. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る