中国でも遠隔制御可能な小型・植物工場の研究をスタート。世界的な大企業や大学との提携を進めながら独自技術の確立を目指す

中国農業科学院・農業環境/持続可能発展研究所の傘下企業である北京中環易達設施園芸科技有限公司は、北京でこのほど、新しく開発に成功した家庭用の植物工場と、家庭用園芸シリーズを発表すると同時に、オランダのフィリップス ライティング、日本の三菱化学、松下(中国)電工、台湾の億光、揚子電器、欧琳集団などの世界的な大企業と戦略協力合意を結んだ、と報告している。
 
 
現在のところ、栽培システムや提携内容について詳細は明らかになっていないが、報道によると、小型モデルや家庭用植物工場の開発をスタートしたようだ。冷蔵庫ほどのコンパクトでありながら、装置の中はそれぞれ、野菜生産エリア、育苗エリア、食用菌エリアなどに分かれている、という。また、携帯電話、ノートパソコン、PDAなどのインターネット端末を利用すれば遠隔操作・制御も可能であり、様々なパラメータ・栽培条件をオンライン上で管理できる。
 
 
中国農業科学院・農業環境/持続可能発展研究所では、古くから太陽光を利用した温室ハウスに関する研究は行われていたが、今後は循環型農業や堆肥化・バイオマスの実証実験、よりハイテクな技術分野(品種改良・遺伝子組み換え、バイオテクノロジー)、そして植物工場(人工光を利用した栽培技術)への研究開発に力を入れていくようだ
 
 
中国や台湾の大学研究者や政府関係者は、オランダのハイテク・温室ハウス(太陽光利用型)や日本の大学や企業への調査を継続的に行っている。各大学などが行う研究会では、多くの植物工場に関する日本企業が話に挙がり、全てのWEBサイトやパンフレット・資料が翻訳され、技術に関するディスカッションが行われており、日本企業によるアジア進出の優位性も次第に薄れていくのではないか、と感じてしまいました。日本企業による海外進出についても、どの国・マーケットにどういった事業モデルで参入し、どの現地企業と組むのか、しっかり検討しながらも迅速・スピーディーにビジネスを展開していく必要があるのではないでしょうか。
 
<参考:「人民網日本語版」2010年12月10日
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る