中国でも遠隔制御可能な小型・植物工場の研究をスタート。世界的な大企業や大学との提携を進めながら独自技術の確立を目指す

中国農業科学院・農業環境/持続可能発展研究所の傘下企業である北京中環易達設施園芸科技有限公司は、北京でこのほど、新しく開発に成功した家庭用の植物工場と、家庭用園芸シリーズを発表すると同時に、オランダのフィリップス ライティング、日本の三菱化学、松下(中国)電工、台湾の億光、揚子電器、欧琳集団などの世界的な大企業と戦略協力合意を結んだ、と報告している。
 
 
現在のところ、栽培システムや提携内容について詳細は明らかになっていないが、報道によると、小型モデルや家庭用植物工場の開発をスタートしたようだ。冷蔵庫ほどのコンパクトでありながら、装置の中はそれぞれ、野菜生産エリア、育苗エリア、食用菌エリアなどに分かれている、という。また、携帯電話、ノートパソコン、PDAなどのインターネット端末を利用すれば遠隔操作・制御も可能であり、様々なパラメータ・栽培条件をオンライン上で管理できる。
 
 
中国農業科学院・農業環境/持続可能発展研究所では、古くから太陽光を利用した温室ハウスに関する研究は行われていたが、今後は循環型農業や堆肥化・バイオマスの実証実験、よりハイテクな技術分野(品種改良・遺伝子組み換え、バイオテクノロジー)、そして植物工場(人工光を利用した栽培技術)への研究開発に力を入れていくようだ
 
 
中国や台湾の大学研究者や政府関係者は、オランダのハイテク・温室ハウス(太陽光利用型)や日本の大学や企業への調査を継続的に行っている。各大学などが行う研究会では、多くの植物工場に関する日本企業が話に挙がり、全てのWEBサイトやパンフレット・資料が翻訳され、技術に関するディスカッションが行われており、日本企業によるアジア進出の優位性も次第に薄れていくのではないか、と感じてしまいました。日本企業による海外進出についても、どの国・マーケットにどういった事業モデルで参入し、どの現地企業と組むのか、しっかり検討しながらも迅速・スピーディーにビジネスを展開していく必要があるのではないでしょうか。
 
<参考:「人民網日本語版」2010年12月10日
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る