太陽光利用のハウス型と閉鎖型の植物工場の開発。造船用に揺れる船内でも水耕栽培が可能(佐世保重工業)

造船大手の佐世保重工業(SSK)は九州電力総合研究所の技術提供を受けながら、ハウス型(太陽光利用)と閉鎖型の2つの植物工場に関する実証実験を開始した。同社は今年6月に営業企画本部を設置して新規事業の開発に力を入れており、植物工場に着目。
 
 
佐賀市にある九電研究所に社員を派遣して栽培ノウハウを学びながら、長崎県佐世保市の佐世保造船所の遊休地(約4500平方メートル)に太陽光で育てるビニールハウス型(40平方メートル)と人工光で育てる閉鎖型(8平方メートル)の植物工場二つを11月に整備した。栽培するのは、加熱調理用トマトなど国内で産地間競争が少ないトマト4種類と葉物野菜11種類で、土の代わりに「ロックウール」と呼ばれる石を繊維にした特殊な土壌を使う。
 
太陽光利用のハウス型と閉鎖型の植物工場の開発へ。造船用に揺れる船内でも水耕栽培が可能(佐世保重工業)

写真は米国のサイエンスバージ

 
年明けにも収穫できる見込みで、試供品として傘下の外食会社や同市内の飲食店などに提供して市場調査し、収益性が見込めれば、遊休地と自社OBなどの人材を活用して植物工場の規模を広げるという。また長期間洋上に出る大型船で野菜の需要が高いことから、船に載せられる植物工場の開発にも西日本工業と共同で着手した。揺れる船内でも水耕栽培の水がこぼれないようにするなど技術的課題を解決し、造船の付加価値としても活用したい考えだ。同社は「景気に左右されやすい造船業だけでなく、事業の開拓で成長を図りたい」としている。同社の計画では今後、実証実験を行いながら、2012年度の事業化を目指す、という。
<2010年12月1日 西日本新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  7. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る