太陽光利用のハウス型と閉鎖型の植物工場の開発。造船用に揺れる船内でも水耕栽培が可能(佐世保重工業)

造船大手の佐世保重工業(SSK)は九州電力総合研究所の技術提供を受けながら、ハウス型(太陽光利用)と閉鎖型の2つの植物工場に関する実証実験を開始した。同社は今年6月に営業企画本部を設置して新規事業の開発に力を入れており、植物工場に着目。
 
 
佐賀市にある九電研究所に社員を派遣して栽培ノウハウを学びながら、長崎県佐世保市の佐世保造船所の遊休地(約4500平方メートル)に太陽光で育てるビニールハウス型(40平方メートル)と人工光で育てる閉鎖型(8平方メートル)の植物工場二つを11月に整備した。栽培するのは、加熱調理用トマトなど国内で産地間競争が少ないトマト4種類と葉物野菜11種類で、土の代わりに「ロックウール」と呼ばれる石を繊維にした特殊な土壌を使う。
 
太陽光利用のハウス型と閉鎖型の植物工場の開発へ。造船用に揺れる船内でも水耕栽培が可能(佐世保重工業)

写真は米国のサイエンスバージ

 
年明けにも収穫できる見込みで、試供品として傘下の外食会社や同市内の飲食店などに提供して市場調査し、収益性が見込めれば、遊休地と自社OBなどの人材を活用して植物工場の規模を広げるという。また長期間洋上に出る大型船で野菜の需要が高いことから、船に載せられる植物工場の開発にも西日本工業と共同で着手した。揺れる船内でも水耕栽培の水がこぼれないようにするなど技術的課題を解決し、造船の付加価値としても活用したい考えだ。同社は「景気に左右されやすい造船業だけでなく、事業の開拓で成長を図りたい」としている。同社の計画では今後、実証実験を行いながら、2012年度の事業化を目指す、という。
<2010年12月1日 西日本新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る