双日、アルゼンチンで大豆などの農業事業を行う新会社設立。大豆需要は食料用・飼料用需要の増大などにより、過去10年間で約35%

双日株式会社は、南米アルゼンチンにおいて大豆などの農業生産を行う事業会社「双日ブエナスティエラス・デル・スール社(Sojitz Buenas Tierras del Sur S.A.、以下BT社)」を双日グループの100%出資で設立し、アルゼンチンの大手農業事業運営会社であるカセナベ社(Cazenave y Asociados S.A.、本社:ブエノスアイレス市)と協力し2010年穀物年度から大豆等の穀物の生産・販売する農業事業を開始します。日本の大手商社が海外で直接事業法人を設立し、農業事業を行うことは今回が初めてです。
 
 
今般、2010年度に約5億円を投じ、アルゼンチンの肥沃な農地パンパ地区にて約11000ヘクタール(山手線内側面積の約2倍の広さ)の土地を使用し、大豆、コーン、小麦など合計約30000トンの農作物を生産します。また、2011年度以降は、同国において生産量の拡大を進めつつ、生産・供給余力のあるブラジルを中心とした南米の他国でも農業事業を展開する計画で、2017年度を目途に、南米域内で約100万トンの穀物の生産を見込んでいます。これらの穀物は、需要の伸長が著しいアジア地域を中心に販売する予定です。
 
双日、アルゼンチンで大豆などの農業事業を行う新会社設立。大豆需要は食料用・飼料用需要の増大などにより、過去10年間で約35%

<双日株式会社のプレスリリースより>

 
世界の2009年の大豆需要は、約2.3億トンですが、世界的な人口増加、新興国等の経済発展に伴う食料用・飼料用需要の増大などにより、過去10年間で約35%増加しており、今後、食料資源の確保がますます重要になっています
 
 
海外での農業事業においては、天候リスクや、カントリーリスクなど様々な課題がありますが、今回、日本貿易保険(NEXI)より海外農業事業案件に対する海外投資保険を受けており、リスク軽減を図っています。日本貿易保険が海外農業事業にて保険を付与することは今回が初めてです。さらに、天候リスクに対してもアルゼンチン大手保険会社による天候保険(Multi?Risk Weather Insurance)も付保し、さまざまなリスクに対応できるようなビジネスモデルを構築しています。
 
 
双日は、自ら農業事業を手掛けることで、事業運営に必要となる栽培管理、農業経営、リスク対応に関するノウハウを蓄積し、今後、アジアやアフリカ地域でも農業事業展開を図ります。川上分野においては、南米地域を中心とする大規模な農業生産への機能拡充を進めると同時に、川中分野では貿易取引など物流機能の強化、川下分野では、主にアジア地域における食品加工事業や流通事業の強化を図り、複数商品・複数国間のグローバルなバリューチェーンを構築し、アジア地域を中心とした安定的な農産物の調達・供給に取り組んでいきます。
 
 
設立新会社概要
会社名:双日ブエナスティエラス・デル・スール社
Sojitz Buenas Tierras del Sur S.A.
設立:2010年
出資比率:双日/95%、双日アルゼンチン法人/5%
事業内容:アルゼンチンのパンパ地域を中心に農業事業を展開。約11000ヘクタール(2010年度)の農地で主に大豆等の油糧作物、粗粒穀物等を生産、販売・輸出する。
 
 
カセナベ社概要
会社名:カセナベ・イ・アソシアドス社
Cazenave y Asociados S.A.
設立:1969年
運用土地面積:約20万ヘクタール
事業概要:アルゼンチンにおける大手農業事業運営会社で、同社の農業受託事業の運営には定評あり。
 
<双日株式会社のプレスリリースより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る