米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/野菜の水耕と魚の養殖を一体化するアイデアは面白いが普及には至っていないのが現状

野菜の水耕栽培と魚の養殖を一体化したシステムであるアクアポニクス(aquaponics)について、他にも商品を紹介して欲しい、とコメントを頂いたので新たな商品をご紹介したい。アクアポニクス(aquaponics)の基本情報や欧米での状況はこちらの記事を参考までに。
 
 
エコや都市型農業、未来の食料生産技術といったキーワードを前面に出し、米国では多くの企業がシステムを販売しているが普及率はいまいちのようだ。システム販売会社、さらにはアクアポニクス・システムを利用して野菜や魚を生産している企業のうち、大きな売上を達成し、成功しているような話も聞かないので、まだまだ一部のコミュニティ・レベルでの普及といった所でしょうか。
 
米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/まだまだ普及には至っていないのが現状、技術的課題も山積み
それでも最近は多様なニーズ(あるのかも疑問だが)に応えるために、室内用の小型商品から、庭における少し大きめのサイズ、さらには商業用サイズ(ハウス付き)といった幅広い商品を販売しており、例えば米国のFishy Farm 社もそのひとつ。

ディスプレイ用というよりも実用性を重視、といった木枠のハードの下段には熱帯魚、上段には葉野菜が栽培できるというもの。特に米国で普及しているものは、もう少し大きめのサイズで、自宅の庭などに設置しながら、下段ではティラピアやナマズといった食用の魚を育てるものが主流です。観賞用として鯉を飼育しているシステムも見たことがあります。
 
 
しかし、上記の写真のような小型サイズでも、1000ドルくらいで販売されており、本格的に野菜や魚を生産するとなると、最低でも2500ドルは必要となり、なかなか気軽に始めにくいのかもしれません。ただし、ホームセンターで部材を購入し、DVDで勉強すれば誰でも簡単に作ることもできると、関係者からは説明を受けました。
 
 
どちらにしても日本のような水耕栽培とは異なり、栽培している野菜のサイズもバラバラ(自家消費にしか向いていない)、食用とはいえ日本ではあまり食べない淡水魚のみ(調べると日本でもティラピアを出す料理店も増えているようですね)。
 
 
魚の糞・排泄物を、野菜の水耕栽培の肥料として利用し、害となるものはバクテリアが分解してくれるとはいえ、あまり細かい養液条件や栽培環境を設定できず、栽培可能な野菜や魚は限られており、日本での普及は難しいかもしれません。そもそも、一体型にする必要性があるのか?といった議論もあります。なかなか現状での普及は難しいものの、海水・淡水魚が一緒に飼育できる好適環境水のように、関連する新技術から画期的な栽培システムが発案されることを期待しています。
 
米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/まだまだ普及には至っていないのが現状米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/まだまだ普及には至っていないのが現状
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る