米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/野菜の水耕と魚の養殖を一体化するアイデアは面白いが普及には至っていないのが現状

野菜の水耕栽培と魚の養殖を一体化したシステムであるアクアポニクス(aquaponics)について、他にも商品を紹介して欲しい、とコメントを頂いたので新たな商品をご紹介したい。アクアポニクス(aquaponics)の基本情報や欧米での状況はこちらの記事を参考までに。
 
 
エコや都市型農業、未来の食料生産技術といったキーワードを前面に出し、米国では多くの企業がシステムを販売しているが普及率はいまいちのようだ。システム販売会社、さらにはアクアポニクス・システムを利用して野菜や魚を生産している企業のうち、大きな売上を達成し、成功しているような話も聞かないので、まだまだ一部のコミュニティ・レベルでの普及といった所でしょうか。
 
米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/まだまだ普及には至っていないのが現状、技術的課題も山積み
それでも最近は多様なニーズ(あるのかも疑問だが)に応えるために、室内用の小型商品から、庭における少し大きめのサイズ、さらには商業用サイズ(ハウス付き)といった幅広い商品を販売しており、例えば米国のFishy Farm 社もそのひとつ。

ディスプレイ用というよりも実用性を重視、といった木枠のハードの下段には熱帯魚、上段には葉野菜が栽培できるというもの。特に米国で普及しているものは、もう少し大きめのサイズで、自宅の庭などに設置しながら、下段ではティラピアやナマズといった食用の魚を育てるものが主流です。観賞用として鯉を飼育しているシステムも見たことがあります。
 
 
しかし、上記の写真のような小型サイズでも、1000ドルくらいで販売されており、本格的に野菜や魚を生産するとなると、最低でも2500ドルは必要となり、なかなか気軽に始めにくいのかもしれません。ただし、ホームセンターで部材を購入し、DVDで勉強すれば誰でも簡単に作ることもできると、関係者からは説明を受けました。
 
 
どちらにしても日本のような水耕栽培とは異なり、栽培している野菜のサイズもバラバラ(自家消費にしか向いていない)、食用とはいえ日本ではあまり食べない淡水魚のみ(調べると日本でもティラピアを出す料理店も増えているようですね)。
 
 
魚の糞・排泄物を、野菜の水耕栽培の肥料として利用し、害となるものはバクテリアが分解してくれるとはいえ、あまり細かい養液条件や栽培環境を設定できず、栽培可能な野菜や魚は限られており、日本での普及は難しいかもしれません。そもそも、一体型にする必要性があるのか?といった議論もあります。なかなか現状での普及は難しいものの、海水・淡水魚が一緒に飼育できる好適環境水のように、関連する新技術から画期的な栽培システムが発案されることを期待しています。
 
米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/まだまだ普及には至っていないのが現状米国のアクアポニクス商品(fishyfarm)/まだまだ普及には至っていないのが現状
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る