女性の7割超がスプラウト(新芽)を認知。家庭の食卓でも手軽な健康食材として利用(村上農園)

野菜も機能性とブランドで売る時代。健康志向や野菜などを生で食べるローフード人気の高まりで植物の新芽「スプラウト」が改めて注目されている。店では様々な種類のスプラウトを買えるが、機能性成分を効率良くとれる村上農園のブランド認知度は非常に高いものがある
 
 
同社では様々な商品を販売しているが、例えば代表的なものが「ブロッコリー・スーパー・スプラウト」。この商品は、米国でがん予防の研究過程で生まれた。食べて病気を予防する“天然サプリメント” である。ブロッコリーはがん予防に効果があるとされる成分スルフォラファンを含むが、発芽から3日目のスーパースプラウトだと含有量はその20倍以上。最近は日本人の約半分が持つというピロリ菌の殺菌効果も高いことが学会で発表され、有効性が実証されている。
 

 
日本能率協会総合研究所が行った2010年の調査では、主婦や一人暮らしの女性の7割超がスプラウトを知っており、買った経験がある人も5割近くいた。料理のレシピ本にも登場し、提供するレストランも増えている。他の食材と合わせやすく、スーパースプラウトなら洗わずそのまま食べられる。そんな手軽さから、繰り返し買う人も多い。個食化に合わせ、村上農園はミニカップ(130円前後)も販売されている。
 
 
同社はスーパースプラウトを野菜工場で生産。夏の野菜相場高の中でも安定価格で供給した。建設業などで野菜生産に参入する企業が目立つが、製品単価は安く設備投資の回収は簡単ではない。その点でも村上農園は先頭を走る。約10年前にスーパースプラウトに着目し生産を始めた村上清貴社長は「機能性を徹底追求し他社と差異化している」と自信を見せる。
 
 
同社は衛生管理体制も徹底しており、生食用野菜の生産施設では国内初というISO22000の認証を2009年に取得した。その他にも、エンドウ豆の新芽の豆苗(とうみょう)の増産にも乗り出しており、規模拡大に積極的である。以下では関連した記事を掲載しておく。
 

スプラウト(発芽野菜)生産の村上農園(広島市佐伯区)は、エンドウ豆の新芽の豆苗(とうみょう)を増産する。2011年秋に山梨県に生産施設を新設し、2013年までに生産量を現在の約3倍に増やす。豆苗は安価で手軽な食材として需要が伸びており、ブロッコリースプラウトやカイワレ大根に続く事業の柱に育てる。
 
豆苗はビタミンや食物繊維を豊富に含み、甘みがある。葉と茎の部分を炒め物やスープの具材などに使う。店頭価格は1株100〜150円と安価で、同社では08年秋以降、前年を上回る好調な販売が続いている。豆苗は広島生産センター(佐伯区)など全国7カ所で生産しており、11月に山梨県北杜市に豆苗専用の山梨生産センターを設けて増産する。
 
新センターの敷地は約4.3ヘクタール。約1.2ヘクタールの温室を設け、地下水を使って水耕栽培する。3月に着工し、総事業費は約10億円。豆苗は現在、月100万?120万パックを生産しており、13年までに300万パック体制に拡充する。豆苗の売上高は年間約6億円で全社売上高の約2割を占めており、13年には18億円を目指す。<2011年1月4日「中国新聞より」>

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る