【視察・見学会の報告】縦型・垂直パネル方式を採用した省スペースで効率的に栽培可能なシステム(きゅぶふぁーむ)

垂直式・植物工場(きゅぶふぁーむ)先月末、一部の会員企業とともに兵庫県三田市にあります(株)きゅぶふぁーむ を視察・見学いたしました。同社は兼業農家であった丸元誠一氏が2000年に設立した企業であり、一般的な水平に育成パネルを配置する多段式・植物工場ではなく、縦型の垂直パネルで野菜を栽培する方式を採用また、神戸大学農学部と共同研究を実施しながら、少ない面積でで効率よく収穫できる栽培技術の開発を行っている。
 
 
研究開発を行っている一つが「超高密度植物垂直ミスト水耕プラント」であり、床面積約13平方メートル、高さ5mの工場の中で、幅1.8m、高さ90cmのパネル8枚を2列に積み上げレタスを栽培している植物栽培用の特殊な蛍光灯を光源にし、栄養分を含ませた霧を吹きつける噴霧式を採用
 
 
研究に協力している神戸大農学部の金地通生准教授によると、生産された野菜は成分、栄養分は露地栽培とほとんど変わらないという。以下には関連した動画を掲載しておく。