断熱パネルメーカー向陽アドバンスも、仙台市内に自社で生産した工場レタスを出荷開始(電気代でも優遇措置)

断熱パネルメーカーである(株)向陽アドバンス(宮城県石巻市)は11月から完全人工光型植物にて生産したレタス類を仙台市内のレストランやスーパーに出荷を開始した。目標生産株数は年間30万株。当面は年間300万円の利益を見込んでおり、現在は1日約500?600株を仙台市内のスーパーやレストランなどに卸している
 
 
同社は養液栽培装置メーカーと連携して昨年11月、小規模施設で試験を始め、ノウハウを蓄積した。今秋、約480平方メートルの本格的施設を完成させ、栽培室330平方メートルに6段4列の栽培棚を設置(86ワットの白熱灯1056本を導入)
 
 
軽量鉄骨造りの施設には自社の断熱パネルも使い、大手企業の約半分の7000万円ほどで済んだ試算では、整備費をすべて借入金で対処しても、夫婦2人とパート1人で運営すれば、総人件費、借入金の返済を差し引いても、年間300万円弱の黒字が見込めるという。さらに、宮城県石巻市は電源立地地域の優遇措置を受けられる地域であり、同社社長の沢口氏によると「年間600万円ほどかかる電気料金を25?75%削減でき、地域的にもメリットは大きい」と話している。
 
 
グループの中核企業である(株)向陽でも、代表取締役会長が自ら農業生産法人「鈴木ファーム」を立ち上げ、高齢者や障害者が働ける施設を建設する計画であり、今回の植物工場野菜も同農業生産法人が販売や営業面でバックアップしていく予定である。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る