世界の食品安全ビジネスに対する需要は拡大。2014年の市場規模は136億ドルにも達する

マーケットリサーチ会社のfreedoniagroup によると、消毒・殺菌や検査キット、スマートラベルやタグ、関連するソフトウェアや追跡システム(トレーサビリティなど)を含む食品安全ビジネスに対する需要は年間8.1%ずつ成長を続け、2014年には136億ドルにも達すると、報告している。これは世界的な人口増加による食品・飲料品の需要増加とともに、世界各国の安全性基準が厳しくなることが原因だという。
 
 
特に食品安全ビジネスの中で有力視されている市場はアジア・太平洋地域であり、2014年には世界全体の5分の2を占めるにまで成長すると見られている。米国は2009年段階は全体の23%を占めており、今後も大きなマーケットの一つではあるものの、拡大スピードしてはアジアやアフリカ・中東や中央・南アメリカといった地域が上回っている。特に中国では、政府や消費者、生産者のそれぞれの立場から安全性に関わる法整備が求められており、今後は最大のマーケットになる可能性が高い。
 
世界の食品安全ビジネスに対する需要は拡大。2014年の市場規模は136億ドルにも達する
 
分野としては殺菌・消毒製品が、この市場全体を押し上げていくと予測されている。一見すると殺菌・消毒は成熟市場なのでは?と考えてしまうが、世界的にも食中毒の発生や食品リコール問題などの発生件数は増加しており、特にインフラが整備されていない途上国では、ますます必要とされるものでしょう
 
 
インフラや法制度などが整備されている先進国では高価かつ高精度な検査キットやスマートラベル、関連ソフトウェアなどの開発が進み、ますます安全性に投じる費用が増すのではないだろうか。もちろん簡易的な安全性検査技術は途上国でも必要とされ、特に食品の輸出産業に重きを置く国々では、輸入国からの安全性に関する強い要求を受けることは間違いなく、世界の食品安全ビジネスが急拡大することは間違いない
 
→ 本レポートの関連資料:世界の食品安全ビジネスの市場規模について:PDFファイル
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  8. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る