世界の食品安全ビジネスに対する需要は拡大。2014年の市場規模は136億ドルにも達する

マーケットリサーチ会社のfreedoniagroup によると、消毒・殺菌や検査キット、スマートラベルやタグ、関連するソフトウェアや追跡システム(トレーサビリティなど)を含む食品安全ビジネスに対する需要は年間8.1%ずつ成長を続け、2014年には136億ドルにも達すると、報告している。これは世界的な人口増加による食品・飲料品の需要増加とともに、世界各国の安全性基準が厳しくなることが原因だという。
 
 
特に食品安全ビジネスの中で有力視されている市場はアジア・太平洋地域であり、2014年には世界全体の5分の2を占めるにまで成長すると見られている。米国は2009年段階は全体の23%を占めており、今後も大きなマーケットの一つではあるものの、拡大スピードしてはアジアやアフリカ・中東や中央・南アメリカといった地域が上回っている。特に中国では、政府や消費者、生産者のそれぞれの立場から安全性に関わる法整備が求められており、今後は最大のマーケットになる可能性が高い。
 
世界の食品安全ビジネスに対する需要は拡大。2014年の市場規模は136億ドルにも達する
 
分野としては殺菌・消毒製品が、この市場全体を押し上げていくと予測されている。一見すると殺菌・消毒は成熟市場なのでは?と考えてしまうが、世界的にも食中毒の発生や食品リコール問題などの発生件数は増加しており、特にインフラが整備されていない途上国では、ますます必要とされるものでしょう
 
 
インフラや法制度などが整備されている先進国では高価かつ高精度な検査キットやスマートラベル、関連ソフトウェアなどの開発が進み、ますます安全性に投じる費用が増すのではないだろうか。もちろん簡易的な安全性検査技術は途上国でも必要とされ、特に食品の輸出産業に重きを置く国々では、輸入国からの安全性に関する強い要求を受けることは間違いなく、世界の食品安全ビジネスが急拡大することは間違いない
 
→ 本レポートの関連資料:世界の食品安全ビジネスの市場規模について:PDFファイル
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る