韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内におけるレタスやパプリカ市場に関する現状や課題(ロッテマートなど)

報道によると、韓国の農業技術の研究開発を行うGARES(Gyeonggido Agricultural Research & Extension Services)でも完全閉鎖型の植物工場を建設したようだ。基本的な構造は同様であり、蛍光灯ランプ、またはLEDを使用した多段式のもので、主にレタス等を栽培。以下には、関連して韓国のレタス市場について簡単な情報を掲載しておく。
 
 
レタスは6〜7世紀に韓国国内へ伝わり、韓国の食文化には必須のものとなっている。特に、野菜や肉を一緒に米を調理する “ssam(サム)” では欠かせない食材の一つであり、1年中消費されている。2004年の統計では、8088haの農地にて約241,323 トンのレタスが生産され、今でも生産量・消費量ともに伸び続けており、同時に海外への輸入についても、政府としても今後、力を入れていくようだ
 
 
韓国で生産されるレタスの84%がリーフレタスであり、次に15%がクリスプヘッド型のもの、そして1%がロメインやその他の種類のレタスである。レタスの栽培については近年、様々な研究が行われているものの、現状では組織培養や生理学といった分野がメインであり、育苗や生産性・品種を高める栽培技術に関する研究はまだまだである

レタスの種類(結球、リーフレタス、サンチュなど)

<レタスの種類について(クリックにて写真が拡大できます)>

 
そのことを実証するために、最近のレタスに関する研究論文398本を対象に分類した結果、組織培養や生理学は62.9%であるのに対して、育苗や種の品種改良といった分野は5.2%、細菌分野の研究が11.7%、収穫後に関するもの10.3%、その他・経営管理についてが5.2%であった。
 
 
農作物でいうと、韓国政府のパプリカ生産・輸出戦略(オランダ式を導入)は成功しているといえるだろう。今後はレタスについても、最先端なバイオテクノロジー、遺伝子組換え、高品質(例:無農薬や有機栽培など)で生産性の高い農業技術を追求していく方針である。
 
 
既に韓国のロッテマートやLGなど、いくつかの企業が実験的に完全閉鎖型・植物工場を建設しているが(関連記事:韓国の大手ディスカウント・スーパーのロッテマートが店内に植物工場を設置)、今後は植物工場への大規模な投資が行われることが予想される。日本としては、唯一ともいっていい「完全閉鎖・人工光型の植物工場」でも、早急な対策をとらなければ数年後には、栽培技術や世界的なポジションを奪われることになるだろう。
 
韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内のレタス市場や今後の研究に関するまとめ
韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内のレタス市場や今後の研究に関するまとめ
韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内のレタス市場や今後の研究に関するまとめ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
ページ上部へ戻る