韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内におけるレタスやパプリカ市場に関する現状や課題(ロッテマートなど)

報道によると、韓国の農業技術の研究開発を行うGARES(Gyeonggido Agricultural Research & Extension Services)でも完全閉鎖型の植物工場を建設したようだ。基本的な構造は同様であり、蛍光灯ランプ、またはLEDを使用した多段式のもので、主にレタス等を栽培。以下には、関連して韓国のレタス市場について簡単な情報を掲載しておく。
 
 
レタスは6〜7世紀に韓国国内へ伝わり、韓国の食文化には必須のものとなっている。特に、野菜や肉を一緒に米を調理する “ssam(サム)” では欠かせない食材の一つであり、1年中消費されている。2004年の統計では、8088haの農地にて約241,323 トンのレタスが生産され、今でも生産量・消費量ともに伸び続けており、同時に海外への輸入についても、政府としても今後、力を入れていくようだ
 
 
韓国で生産されるレタスの84%がリーフレタスであり、次に15%がクリスプヘッド型のもの、そして1%がロメインやその他の種類のレタスである。レタスの栽培については近年、様々な研究が行われているものの、現状では組織培養や生理学といった分野がメインであり、育苗や生産性・品種を高める栽培技術に関する研究はまだまだである

レタスの種類(結球、リーフレタス、サンチュなど)

<レタスの種類について(クリックにて写真が拡大できます)>

 
そのことを実証するために、最近のレタスに関する研究論文398本を対象に分類した結果、組織培養や生理学は62.9%であるのに対して、育苗や種の品種改良といった分野は5.2%、細菌分野の研究が11.7%、収穫後に関するもの10.3%、その他・経営管理についてが5.2%であった。
 
 
農作物でいうと、韓国政府のパプリカ生産・輸出戦略(オランダ式を導入)は成功しているといえるだろう。今後はレタスについても、最先端なバイオテクノロジー、遺伝子組換え、高品質(例:無農薬や有機栽培など)で生産性の高い農業技術を追求していく方針である。
 
 
既に韓国のロッテマートやLGなど、いくつかの企業が実験的に完全閉鎖型・植物工場を建設しているが(関連記事:韓国の大手ディスカウント・スーパーのロッテマートが店内に植物工場を設置)、今後は植物工場への大規模な投資が行われることが予想される。日本としては、唯一ともいっていい「完全閉鎖・人工光型の植物工場」でも、早急な対策をとらなければ数年後には、栽培技術や世界的なポジションを奪われることになるだろう。
 
韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内のレタス市場や今後の研究に関するまとめ
韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内のレタス市場や今後の研究に関するまとめ
韓国での植物工場建設が相次ぐ。国内のレタス市場や今後の研究に関するまとめ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  5. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  6. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る