大東建託、植物工場ビジネスを行う新会社を設立。茨城県で椎茸の栽培・販売事業を開始

大東建託では農産物の生産・販売事業を行う「大東ファーム株式会社」を設立し、茨城県笠間市において、椎茸の栽培および販売事業を開始した。自社管理の倉庫を活用した植物工場といっても葉野菜ではなく椎茸の栽培であり、一部、障がい者雇用を推進する目的もある。以下ではプレスリリースを掲載した。
 
 
1.新会社の概要
(1)商号 : 大東ファーム株式会社
(2)本社所在地 : 東京都港区港南二丁目16番1号
(3)設立 : 平成22年7月7日(決算期2月)
(4)資本金 : 4,000万円(大東建物管理株式会社100%出資)
(5)代表者 : 代表取締役社長 門内 仁志
(6)事業内容 : 農産物の生産、生産指導、加工及び販売等
 
2.事業内容
大東建物管理株式会社(当社全額出資)が管理している倉庫・工場を活用し、菌床(※)栽培により椎茸を栽培します。第1号物件として、茨城県笠間市の工場3棟を賃借し、1号棟にビニールハウスを設置し、10月より出荷を開始しました。今後、2号棟及び3号棟でも栽培の準備を整え、11月下旬以降に出荷を開始する予定です。3棟での出荷量は月間9,000?を見込んでいます。大東ファーム株式会社では、第1号物件での取り組みを検証し、今後、全国展開も視野に入れ事業展開してまいります。

※ 菌床:おが屑などの木質基材に米糠などの栄養源を混ぜた人工の培地。
 
3.障がい者雇用を推進
大東ファーム株式会社では、椎茸の栽培?収穫?パック詰め?出荷等の工程を、障がい者の作業員と専門の指導員で実施しており、現在7名の障がい者が従事しています。大東建託グループでは、今後も障害を持つ方の雇用を積極的に進め、障がい者の社会進出や自立を支援してまいります。
当社グループ障がい者雇用比率:2.32%(2010年10月1日現在)