豊田通商の農業生産法人、日本最大級のパプリカ生産施設が本格的に稼動。栽培面積4.2ha、生産量は年間700t

トヨタ自動車グループの総合商社である豊田通商では08年に農業法人を設立し宮城県でパプリカの生産を実験的に行っていたが、19日に本格生産に向けて国内最大級のパプリカ栽培施設を稼働させた。栽培面積は4.2ヘクタールで、生産量は年間700トンを目指す
 
 
フル栽培に入れば、同社の他の施設や他社の生産量と合わせて宮城県が熊本県を上回る日本最大のパプリカ生産県となる見込み。豊田通商の食料部門子会社、豊通食料と地元の農業生産者が出資する農業生産法人のベジ・ドリーム栗原が同日、第2期ハウスの完成式を開いた。ちなみに、宮城県内ではほかにも青果物販売大手、米ドールの日本法人がパプリカの大型栽培ハウスを登米市に立地している
 
 
栽培面積4.2ヘクタールの温室では養液栽培方式を採用し、年間出荷に対応する。特殊フィルムを用いた天井・壁のほか、温度管理などの最新設備も最大限導入した。来年6月ごろのフル操業を見込む。市内の別の場所にある栽培面積0.7ヘクタールの第1期ハウスと合わせた年間生産量は約800トンとなる。2011年度には1000トンに増やす計画である。先日はクロマグロの完全養殖事業で近畿大学と技術協力提携に関するニュースがあったが、同社は国内外の食料ビジネスに力を入れている。
 
パプリカは現在、96%が韓国やニュージーランドなどからの輸入で、国内は2万5000トンと自給率は4%にすぎない。豊通食料は総額23億5200万円を投資し、このうち11億円は農林水産省の付加価値の高い農業を支援する事業予算で賄う、という。
<日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
ページ上部へ戻る