家庭でもスプラウト(新芽)栽培。栄養価も高くヘルシーな食材。そこにデザインや可愛らしい商品で生活をより豊かに

植物の新芽の総称である「スプラウト」。ラディッシュ、マスタード、クレス、芽キャベツといった新芽などが古くから食されており、中でもブロッコリー・スプラウトは米国でもブームになった食材。日本でいえば水耕にて栽培されているカイワレ大根やモヤシもスプラウトの一種とされる国内におけるスプラウトのパイオニアは村上農園であり、1999年にブロッコリー、マスタード、クレス、レッドキャベツの4種を「スプラウトシリーズ」として発売している。
 
 
スプラウトは非常にヘルシーで栄養価が高く、そのまま食べたり、炒ためたものをサラダやスープに入れたりと、世界中で消費されている食材である。ダイエット食としても紹介されることが多く、最近では女性を中心に、自分で種を購入してきて栽培する人も増えているようだ
 
 
ただし、そこら辺の大きな瓶で育てるよりも、よりコンパクトで可愛らしい商品が欲しくなるのが女性の本音。デザイン的にも可愛らしい商品ひとつで生活が少しでも豊かになり、さらにエコで節約にもつながり(種となる豆だけを購入すれば良く、余計な包装やパックも必要ない)、健康やダイエットにもなれば、始めない手はない
 
 
こうした商品がないものかと海外サイトを探してみると、ロンドンのデザインフェスタにて、目的の商品が提案されていた。それは、David Henshall 氏が制作したスプライト栽培キットである。その名も「Beanie Bean Sprouter」。
 
家庭でもスプラウト(新芽)栽培。栄養価も高くヘルシーな食材。そこにデザインや可愛らしい商品で生活をより豊かに
 
この「Beanie Bean Sprouter」は、普通のグラスに金属製の穴の開いたふたがついているシンプルな設計になっている。栽培方法は簡単で、買ってきた種(豆)を一晩水につけておき、発芽するまでは朝と夜に水気を取るだけ。だいたい3日もすれば発芽してくるので、必要な量だけ新鮮なスプラウトを栽培・食べることができる優れもの。購入することも可能であり、日本円で900円ちょっとで入手できる。
 
 
家庭でもスプラウト(新芽)栽培。栄養価も高くヘルシーな食材。そこにデザインや可愛らしい商品で生活をより豊かにこうした商品は欧米では一般的なようで、同じような商品もたくさん販売されている。例えば、bioSnacky もスプラウト用の栽培キットであり、蓋の部分には取っ手がついており、逆さまにすることで、水気が蓋の穴から抜けるような仕組みになっている。こちらの商品は少し安く、500円ちょっとである。
 
 
スプラウトは、水分を吸収し発芽することで、乾燥した豆の時には存在しなかった様々な栄養素を自分自身で合成することができる。ビタミンやカロテンなどを多く含み、天然のサプリメントと呼ばれるほど、栄養価の高い素晴らしい食材。最近は家庭菜園にチャレンジする人々が増えているので、一度、スプラウト栽培をやってみるのも良いかもしれません。

その際に、スペースをとらず、デザイン的にも可愛らしい商品があると、無理なく長続きできるのかもしれません。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る