サブウェイの店舗併設型・植物工場、2号店は大阪府立大学の植物工場研究センターにてオープン予定

以下、サブウェイによるプレスリリースを掲載。日本サブウェイ株式会社(社長:伊藤 彰、東京都港区)が展開するサンドイッチ・チェーン『サブウェイ』は、大阪府立大学と植物工場野菜の栽培から販売までの流通の新しいビジネスモデルを実証していくことで合意し、2010年10月16日に覚書を交わしました。
 
今後両者は、2011年4月の出店をめざして詳細協議を進めるとともに、植物工場研究施設で栽培される野菜の機能性を高める研究開発や、付加価値の高いサンドイッチの提供について、共同研究を下記の通り進めていきます。
 
《サブウェイ野菜ラボ2号店出店》 
2011年4月に大阪府立大学中百舌鳥キャンパス内に東京丸の内で開店した1号店に続く形で、「学産学消」をテーマとした2号店を開店します。店舗で使用するレタスの全量をキャンパス内植物工場でまかないます。

《商品開発》
2011年5月以降、大阪府立大学植物工場研究施設で栽培される野菜の機能性を高める研究開発や付加価値の高いサンドイッチの提供について共同研究を予定しています。
 
《植物工場概要》
大阪府立大学は、経済産業省と農林水産省の支援を受けた植物工場研究施設を、来年3月の竣工に向けて中百舌鳥キャンパスに建設中。<鉄筋コンクリート造 2階建、2棟 延床面積約2,000?>
 
【覚書の要旨】
□ 日本サブウェイ株式会社は、大阪府立大学の植物工場研究施設で栽培する野菜の供給を受けて、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス内に植物工場併設型店舗を出店する。

□ 両者は、植物工場生産品を大学内で「学産学消」するプロジェクトをはじめ、植物工場産業におけるビジネスモデルを協力して追及する。
<サブウェイのプレスリリースより>
 
________________________________
 
今年の7月に第一号店としてオープンしたサブウェイの店舗併設型の植物工場であるが<詳細記事>、第2号店はどうやら大阪府立大学の植物工場研究センターの敷地内にオープンする予定であるようだ。時期は来年の4月になるという。
 
 
以下、関連した記事を掲載

サブウェイ“店産店消”2号店は大阪府立大に 野菜工場併設
サンドイッチチェーン「サブウェイ」を展開する日本サブウェイが、大阪府立大の中百舌鳥キャンパス(堺市)に、新型店舗「野菜ラボ」の系列店を開設する。府立大の植物工場研究センターが本格稼働するのにあわせ、来年4月の出店を見込んでいる。
 
「野菜ラボ」は、「店産店消」をキーワードにした新型店舗で、今年7月に植物工場を併設した「丸ビル店」(東京都千代田区)がオープン、府立大店は2号店になる。
 
中百舌鳥キャンパスでは、来年3月までに全国最大級、延べ床面積約2千平方メートル規模の「植物工場研究センター」が完成する予定で、人工光だけでレタスやハーブなどの野菜を栽培することになっている。新店舗では、植物工場で栽培された野菜の一部の商品化を検討している。
 
日本サブウェイは16日に、府立大店の開設を正式発表する予定。府は「今後も産学連携を広げていきたい」としている。<Sankei Bizより>