サブウェイの店舗併設型・植物工場、2号店は大阪府立大学の植物工場研究センターにてオープン予定

以下、サブウェイによるプレスリリースを掲載。日本サブウェイ株式会社(社長:伊藤 彰、東京都港区)が展開するサンドイッチ・チェーン『サブウェイ』は、大阪府立大学と植物工場野菜の栽培から販売までの流通の新しいビジネスモデルを実証していくことで合意し、2010年10月16日に覚書を交わしました。
 
今後両者は、2011年4月の出店をめざして詳細協議を進めるとともに、植物工場研究施設で栽培される野菜の機能性を高める研究開発や、付加価値の高いサンドイッチの提供について、共同研究を下記の通り進めていきます。
 
《サブウェイ野菜ラボ2号店出店》 
2011年4月に大阪府立大学中百舌鳥キャンパス内に東京丸の内で開店した1号店に続く形で、「学産学消」をテーマとした2号店を開店します。店舗で使用するレタスの全量をキャンパス内植物工場でまかないます。

《商品開発》
2011年5月以降、大阪府立大学植物工場研究施設で栽培される野菜の機能性を高める研究開発や付加価値の高いサンドイッチの提供について共同研究を予定しています。
 
《植物工場概要》
大阪府立大学は、経済産業省と農林水産省の支援を受けた植物工場研究施設を、来年3月の竣工に向けて中百舌鳥キャンパスに建設中。<鉄筋コンクリート造 2階建、2棟 延床面積約2,000?>
 
【覚書の要旨】
□ 日本サブウェイ株式会社は、大阪府立大学の植物工場研究施設で栽培する野菜の供給を受けて、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス内に植物工場併設型店舗を出店する。

□ 両者は、植物工場生産品を大学内で「学産学消」するプロジェクトをはじめ、植物工場産業におけるビジネスモデルを協力して追及する。
<サブウェイのプレスリリースより>
 
________________________________
 
今年の7月に第一号店としてオープンしたサブウェイの店舗併設型の植物工場であるが<詳細記事>、第2号店はどうやら大阪府立大学の植物工場研究センターの敷地内にオープンする予定であるようだ。時期は来年の4月になるという。
 
 
以下、関連した記事を掲載

サブウェイ“店産店消”2号店は大阪府立大に 野菜工場併設
サンドイッチチェーン「サブウェイ」を展開する日本サブウェイが、大阪府立大の中百舌鳥キャンパス(堺市)に、新型店舗「野菜ラボ」の系列店を開設する。府立大の植物工場研究センターが本格稼働するのにあわせ、来年4月の出店を見込んでいる。
 
「野菜ラボ」は、「店産店消」をキーワードにした新型店舗で、今年7月に植物工場を併設した「丸ビル店」(東京都千代田区)がオープン、府立大店は2号店になる。
 
中百舌鳥キャンパスでは、来年3月までに全国最大級、延べ床面積約2千平方メートル規模の「植物工場研究センター」が完成する予定で、人工光だけでレタスやハーブなどの野菜を栽培することになっている。新店舗では、植物工場で栽培された野菜の一部の商品化を検討している。
 
日本サブウェイは16日に、府立大店の開設を正式発表する予定。府は「今後も産学連携を広げていきたい」としている。<Sankei Bizより>

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  10. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る