植物工場にて薬用植物「甘草(かんぞう)」を栽培、今後は量産技術の確立や薬効成分の抽出技術の研究を実施<三菱ケミカル・MKVドリーム>

三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱樹脂は、ベンチャー企業のグリーンイノベーションと共同で、漢方薬などの原料となる薬用植物の人工栽培に関する研究に乗り出すと発表した。子会社で農業資材を販売するMVKドリームが、茨城県つくばみらい市の工場内に設けた植物工場で10月から試験栽培を始め、2年後の実用化を目指す。
 
 
MVKドリームが農家向けに販売している苗の育成装置「苗テラス」などを活用。漢方薬や化粧品、食品の原料に使われている薬用植物の「甘草(かんぞう)」を栽培する。グリーンイノベーションは中国から種子輸入などで協力する。

植物工場にて薬用植物「甘草(かんぞう)」を栽培、今後は量産技術の確立や薬効成分の抽出技術の研究を実施<三菱ケミカル・MKVドリーム>
 
すでに「グリチルリチン」などの薬効成分を含んだまま種から苗に育てることに成功している。今後は大量に栽培する技術の確立を目指すほか、グリチルリチンの抽出方法も研究する。将来的には、朝鮮ニンジンの人工栽培も視野に入れている。甘草は漢方薬の7割以上に使用されているが、人工栽培では漢方薬としての成分が十分に含まれた形に育てることが難しいということで、そのほとんどを中国からの輸入に頼っているのが現状である。
 
 
一方で、中国国内や欧米で需要が拡大し、乱獲による環境悪化が問題視される中、中国政府は採取制限に乗り出している。三菱樹脂の荻原勝年執行役員は同日の会見で、「レアアース(希土類)と同じ問題が生じる可能性もある。
 
 
甘草の世界的な需給は、欧米での需要が旺盛なことに加え、最大の生産国である中国の国内需要も、近年の急速な経済発展に伴い大きく増大していることから、需給は逼迫の状態が続いており、レアアースやレアメタル同様に、今後、国際的な争奪戦につながる可能性を有している。このレアプラントとも言うべき甘草の安定供給技術の確立に力を入れていくようだ。
 
日経プレスリリースより ◆
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る