日本食材の海外・宅配サービスの拡大。TKF・シンガポール/オイシックス・香港へ

農業生産法人(株)TKFは、10月からシンガポールで生鮮野菜の宅配事業を開始する。茨城県で生産された野菜を空輸し(ヤマト運輸シンガポールにて)、現地の日本人駐在員の自宅などに届ける。既に現地事務所を設置し、販売網を整備した。香港や台湾など他の東南アジア地域でも事業展開する予定であり、5年後に同事業の年間売上高1億円を目指す。宅配事業の名称は「つくばファーマーズ」。9月初旬にシンガポールにスタッフ1人の現地事務所を設置するとともに、日本語の専用ホームページも立ち上げた。→ 英語サイトはこちら
 
 
TKFが生産するホウレンソウやカブなどのほか、つくば市周辺の農家から調達するキュウリやニンジンといった野菜約10品目を取り扱う。主に現地の日本人駐在員に宅配する。顧客がホームページ上で注文すると、野菜が空輸されて1?2日で顧客の自宅に届く。10月から宅配を開始する予定で、野菜の価格は宅配費込みで日本の相場の3倍程度になる
 
 
食材の多くを輸入に頼るシンガポールでは高品質の日本の野菜の需要が高いと判断した。シンガポールのほか、香港や台湾など東南アジアの主要地域でも現地の富裕層向けなどに順次宅配事業を展開する。 こうした海外事業の拡大は外食分野でも進められており、アジア市場を中心に大手企業は店舗数を拡大しつつある(例:外食・小売業界による中国進出(三越伊勢丹/弁当販売「ほっともっと」プレナス)大戸屋の植物工場事業:海外展開(タイ、台湾・シンガポール等)
 
 
さらには日本で栽培した農作物を富裕層の多い周辺諸国へ宅配する企業も増えている(多くの日本人も住んでいる地域で、さらにインフラ、しっかりとした輸送・宅配サービスが整っている国・場所に限られる)。具体的には、中国(北京・上海)、シンガポールや台湾・香港といった国々である。例えば「オイシックス」も香港サイト<日本語・中国語・英語に対応>を立ち上げ、日本食材の宅配事業を拡大している。
 
 
同社では、野菜や加工品など、日本での取扱品目の2割弱にあたる約420品目を販売。香港では日本の食品に人気があり、消費者に食品を直接届けられる通販の需要は大きいとみており、初年度は売上高1億円が目標であった。このように今後も、海外市場を狙った宅配サービスが増えてくるだろう。
→ オイシックスのプレスリリース
 
日本食材の海外・宅配サービスの拡大。TKF・シンガポール/オイシックス・香港へ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

2坪からの植物工場 GFMやさいえ バナー
台湾国際果実・野菜専門見本市 バナー
昭和電工 植物工場 バナー
第6回農業ワールド
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る