日本食材の海外・宅配サービスの拡大。TKF・シンガポール/オイシックス・香港へ

農業生産法人(株)TKFは、10月からシンガポールで生鮮野菜の宅配事業を開始する。茨城県で生産された野菜を空輸し(ヤマト運輸シンガポールにて)、現地の日本人駐在員の自宅などに届ける。既に現地事務所を設置し、販売網を整備した。香港や台湾など他の東南アジア地域でも事業展開する予定であり、5年後に同事業の年間売上高1億円を目指す。宅配事業の名称は「つくばファーマーズ」。9月初旬にシンガポールにスタッフ1人の現地事務所を設置するとともに、日本語の専用ホームページも立ち上げた。→ 英語サイトはこちら
 
 
TKFが生産するホウレンソウやカブなどのほか、つくば市周辺の農家から調達するキュウリやニンジンといった野菜約10品目を取り扱う。主に現地の日本人駐在員に宅配する。顧客がホームページ上で注文すると、野菜が空輸されて1?2日で顧客の自宅に届く。10月から宅配を開始する予定で、野菜の価格は宅配費込みで日本の相場の3倍程度になる
 
 
食材の多くを輸入に頼るシンガポールでは高品質の日本の野菜の需要が高いと判断した。シンガポールのほか、香港や台湾など東南アジアの主要地域でも現地の富裕層向けなどに順次宅配事業を展開する。 こうした海外事業の拡大は外食分野でも進められており、アジア市場を中心に大手企業は店舗数を拡大しつつある(例:外食・小売業界による中国進出(三越伊勢丹/弁当販売「ほっともっと」プレナス)大戸屋の植物工場事業:海外展開(タイ、台湾・シンガポール等)
 
 
さらには日本で栽培した農作物を富裕層の多い周辺諸国へ宅配する企業も増えている(多くの日本人も住んでいる地域で、さらにインフラ、しっかりとした輸送・宅配サービスが整っている国・場所に限られる)。具体的には、中国(北京・上海)、シンガポールや台湾・香港といった国々である。例えば「オイシックス」も香港サイト<日本語・中国語・英語に対応>を立ち上げ、日本食材の宅配事業を拡大している。
 
 
同社では、野菜や加工品など、日本での取扱品目の2割弱にあたる約420品目を販売。香港では日本の食品に人気があり、消費者に食品を直接届けられる通販の需要は大きいとみており、初年度は売上高1億円が目標であった。このように今後も、海外市場を狙った宅配サービスが増えてくるだろう。
→ オイシックスのプレスリリース
 
日本食材の海外・宅配サービスの拡大。TKF・シンガポール/オイシックス・香港へ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  2. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る