日本食材の海外・宅配サービスの拡大。TKF・シンガポール/オイシックス・香港へ

農業生産法人(株)TKFは、10月からシンガポールで生鮮野菜の宅配事業を開始する。茨城県で生産された野菜を空輸し(ヤマト運輸シンガポールにて)、現地の日本人駐在員の自宅などに届ける。既に現地事務所を設置し、販売網を整備した。香港や台湾など他の東南アジア地域でも事業展開する予定であり、5年後に同事業の年間売上高1億円を目指す。宅配事業の名称は「つくばファーマーズ」。9月初旬にシンガポールにスタッフ1人の現地事務所を設置するとともに、日本語の専用ホームページも立ち上げた。→ 英語サイトはこちら
 
 
TKFが生産するホウレンソウやカブなどのほか、つくば市周辺の農家から調達するキュウリやニンジンといった野菜約10品目を取り扱う。主に現地の日本人駐在員に宅配する。顧客がホームページ上で注文すると、野菜が空輸されて1?2日で顧客の自宅に届く。10月から宅配を開始する予定で、野菜の価格は宅配費込みで日本の相場の3倍程度になる
 
 
食材の多くを輸入に頼るシンガポールでは高品質の日本の野菜の需要が高いと判断した。シンガポールのほか、香港や台湾など東南アジアの主要地域でも現地の富裕層向けなどに順次宅配事業を展開する。 こうした海外事業の拡大は外食分野でも進められており、アジア市場を中心に大手企業は店舗数を拡大しつつある(例:外食・小売業界による中国進出(三越伊勢丹/弁当販売「ほっともっと」プレナス)大戸屋の植物工場事業:海外展開(タイ、台湾・シンガポール等)
 
 
さらには日本で栽培した農作物を富裕層の多い周辺諸国へ宅配する企業も増えている(多くの日本人も住んでいる地域で、さらにインフラ、しっかりとした輸送・宅配サービスが整っている国・場所に限られる)。具体的には、中国(北京・上海)、シンガポールや台湾・香港といった国々である。例えば「オイシックス」も香港サイト<日本語・中国語・英語に対応>を立ち上げ、日本食材の宅配事業を拡大している。
 
 
同社では、野菜や加工品など、日本での取扱品目の2割弱にあたる約420品目を販売。香港では日本の食品に人気があり、消費者に食品を直接届けられる通販の需要は大きいとみており、初年度は売上高1億円が目標であった。このように今後も、海外市場を狙った宅配サービスが増えてくるだろう。
→ オイシックスのプレスリリース
 
日本食材の海外・宅配サービスの拡大。TKF・シンガポール/オイシックス・香港へ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る