三菱ケミカルホールディングス関連企業、メビオールのフィルム栽培技術を豪州にて普及させるための実証実験開始

三菱ケミカルホールディングスの完全子会社の地球快適化インスティテュートは、農業ベンチャーのメビオールが開発した特殊な膜を使った節水農法の実証試験を、オーストラリアで開始したと発表した。既に8月から豪州ビクトリア州内の施設でトマトの試験栽培を始め、節水効果や収量を調べている、という。
 
 
今後、露地での穀物の栽培への応用に向け、日豪の技術を持ち寄って技術開発をする計画。ビクトリア州政府を含めた3者では、周辺のハウス農家向けに、膜の普及もすすめる。数年で国内で普及する3ヘクタールを超える広さへの普及拡大を目指す。
メビオールの開発した膜は、水分と養分だけを通し、上に育つ植物が最低限の水分で育つことができる。トマトの栽培で使う水の量は国内では95%も抑えることができた。余計な水分を含まないため、味が濃く、甘みが増すなど商品価値を高める効果もある。
 
 
メビオールは1995年に医療用膜技術者だった森有一社長が立ちあげたベンチャー。膜の農業での利用技術を2008年に開発した。これまでに国内ではハウスを使ったトマトやパプリカなどの栽培に適したシステムとして、各地で採用されている。以前にもご紹介したが、中東へ向けては双日のローコスト植物工場を展開するプロジェクトに採用されている(関連記事)。
(2010/9/15:日本経済新聞の記事を参考)