業務スーパー等のG-7子会社「めぐみの郷」:レストラン店舗併設型の植物工場にて葉物5種を生産

地域で採れた野菜などを農家が直接持ち込み、自ら値段を決めて販売する「農産物直売所」について、兵庫県内では1999年から農業協同組合を中心に運営され、現在までに45ヶ所にまで拡大している。しかし、2009年には低価格店「業務スーパー」などをフランチャイズ展開するGー7ホールディングスが参入。10年末までに県内などで計13店舗に急拡大させている。<補足:2011年3月11現在、「めぐみの郷」は兵庫、大阪、千葉などに15店舗展開。2012年3月までに40店舗、売上高50億円を目指している。計約3千軒の地元生産者と契約し農産物の販売を行っている> 
 
 
2010年秋に開業した直売所「めぐみの郷(さと)ひよどり台店」では、店頭の野菜を使ったバイキングレストランを併設。店内には水菜、レタスなどを水耕栽培する野菜工場も設けた(店舗併設型の植物工場)。10年末に大阪府泉佐野市に開いた直売所(400平方メートル)では、低価格スーパー(600平方メートル)を隣接させることで品ぞろえを強化し、広域からの集客を狙っている、という。
 
 
今年も全国的に農産物直売所の数は増加するものの、その伸び率は小さくなっており、市場的にも飽和状態に近い、との見方もある。さらに民間企業の参入により、運営モデルにも多様化が進んでいくことが予想される。<参考:2011年1月24日・神戸新聞より>
 
 
=====以下、過去の関連記事を掲載=====

「業務スーパー」などをフランチャイズ展開するG7ホールディングスの子会社、めぐみの郷は10月7日に野菜工場を併設したレストランを新設する。当初はレタス、ホウレンソウなど5種類の葉物野菜を農産物直売所と同市北区のレストラン「めぐみ」で取り扱う計画。
 
 
葉物野菜は24時間蛍光灯で照らされたガラス張りの工場で水耕栽培される。1日70から80束程度を生産する。野菜の種類は季節や消費者の需要によって変え、農産物直売所で販売する野菜とほぼ同じ価格で売り出す

レストランでは、その日に工場で収穫した葉物野菜に加えて兵庫県産の野菜を使い、煮物や酢の物などをビュッフェ方式で提供する。G7ホールディングスの木下守会長は「将来は安心・安全な野菜を安定した価格で供給したい」と、さらに大規模な野菜工場を建設したい考えだ。

<参考:2010/9/23、日本経済新聞より>

業務スーパー等のG-7子会社「めぐみの郷」:レストラン店舗併設型の植物工場にて葉物5種を生産
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る