業務スーパー等のG-7子会社「めぐみの郷」:レストラン店舗併設型の植物工場にて葉物5種を生産

地域で採れた野菜などを農家が直接持ち込み、自ら値段を決めて販売する「農産物直売所」について、兵庫県内では1999年から農業協同組合を中心に運営され、現在までに45ヶ所にまで拡大している。しかし、2009年には低価格店「業務スーパー」などをフランチャイズ展開するGー7ホールディングスが参入。10年末までに県内などで計13店舗に急拡大させている。<補足:2011年3月11現在、「めぐみの郷」は兵庫、大阪、千葉などに15店舗展開。2012年3月までに40店舗、売上高50億円を目指している。計約3千軒の地元生産者と契約し農産物の販売を行っている> 
 
 
2010年秋に開業した直売所「めぐみの郷(さと)ひよどり台店」では、店頭の野菜を使ったバイキングレストランを併設。店内には水菜、レタスなどを水耕栽培する野菜工場も設けた(店舗併設型の植物工場)。10年末に大阪府泉佐野市に開いた直売所(400平方メートル)では、低価格スーパー(600平方メートル)を隣接させることで品ぞろえを強化し、広域からの集客を狙っている、という。
 
 
今年も全国的に農産物直売所の数は増加するものの、その伸び率は小さくなっており、市場的にも飽和状態に近い、との見方もある。さらに民間企業の参入により、運営モデルにも多様化が進んでいくことが予想される。<参考:2011年1月24日・神戸新聞より>
 
 
=====以下、過去の関連記事を掲載=====

「業務スーパー」などをフランチャイズ展開するG7ホールディングスの子会社、めぐみの郷は10月7日に野菜工場を併設したレストランを新設する。当初はレタス、ホウレンソウなど5種類の葉物野菜を農産物直売所と同市北区のレストラン「めぐみ」で取り扱う計画。
 
 
葉物野菜は24時間蛍光灯で照らされたガラス張りの工場で水耕栽培される。1日70から80束程度を生産する。野菜の種類は季節や消費者の需要によって変え、農産物直売所で販売する野菜とほぼ同じ価格で売り出す

レストランでは、その日に工場で収穫した葉物野菜に加えて兵庫県産の野菜を使い、煮物や酢の物などをビュッフェ方式で提供する。G7ホールディングスの木下守会長は「将来は安心・安全な野菜を安定した価格で供給したい」と、さらに大規模な野菜工場を建設したい考えだ。

<参考:2010/9/23、日本経済新聞より>

業務スーパー等のG-7子会社「めぐみの郷」:レストラン店舗併設型の植物工場にて葉物5種を生産
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る