業務スーパー等のG-7子会社「めぐみの郷」:レストラン店舗併設型の植物工場にて葉物5種を生産

地域で採れた野菜などを農家が直接持ち込み、自ら値段を決めて販売する「農産物直売所」について、兵庫県内では1999年から農業協同組合を中心に運営され、現在までに45ヶ所にまで拡大している。しかし、2009年には低価格店「業務スーパー」などをフランチャイズ展開するGー7ホールディングスが参入。10年末までに県内などで計13店舗に急拡大させている。<補足:2011年3月11現在、「めぐみの郷」は兵庫、大阪、千葉などに15店舗展開。2012年3月までに40店舗、売上高50億円を目指している。計約3千軒の地元生産者と契約し農産物の販売を行っている> 
 
 
2010年秋に開業した直売所「めぐみの郷(さと)ひよどり台店」では、店頭の野菜を使ったバイキングレストランを併設。店内には水菜、レタスなどを水耕栽培する野菜工場も設けた(店舗併設型の植物工場)。10年末に大阪府泉佐野市に開いた直売所(400平方メートル)では、低価格スーパー(600平方メートル)を隣接させることで品ぞろえを強化し、広域からの集客を狙っている、という。
 
 
今年も全国的に農産物直売所の数は増加するものの、その伸び率は小さくなっており、市場的にも飽和状態に近い、との見方もある。さらに民間企業の参入により、運営モデルにも多様化が進んでいくことが予想される。<参考:2011年1月24日・神戸新聞より>
 
 
=====以下、過去の関連記事を掲載=====

「業務スーパー」などをフランチャイズ展開するG7ホールディングスの子会社、めぐみの郷は10月7日に野菜工場を併設したレストランを新設する。当初はレタス、ホウレンソウなど5種類の葉物野菜を農産物直売所と同市北区のレストラン「めぐみ」で取り扱う計画。
 
 
葉物野菜は24時間蛍光灯で照らされたガラス張りの工場で水耕栽培される。1日70から80束程度を生産する。野菜の種類は季節や消費者の需要によって変え、農産物直売所で販売する野菜とほぼ同じ価格で売り出す

レストランでは、その日に工場で収穫した葉物野菜に加えて兵庫県産の野菜を使い、煮物や酢の物などをビュッフェ方式で提供する。G7ホールディングスの木下守会長は「将来は安心・安全な野菜を安定した価格で供給したい」と、さらに大規模な野菜工場を建設したい考えだ。

<参考:2010/9/23、日本経済新聞より>

業務スーパー等のG-7子会社「めぐみの郷」:レストラン店舗併設型の植物工場にて葉物5種を生産