法律の改正や社会貢献事業としての評価。水耕栽培を利用した障害者雇用の拡大が進む(有限会社新鮮組など)

大手企業の特例子会社や社会福祉・医療法人などの農業参入において、高齢者や障害者などの雇用に積極的に取り組んでいる企業も多い。その多くが重労働が少ない水耕栽培システムを導入している。過去にも、水耕栽培(野菜工場)施設にて15名の障害者を一般雇用/ホウレン草の出荷開始<みやこ福祉会:沖縄>物流大手のセンコー、廃校内で植物工場を運営。キノコ、菊などの栽培へといった情報を掲載してきた。
 
 
ここでは簡易型の水耕栽培技術を確立し、国内外への普及や障害者雇用にも貢献している農業生産法人「有限会社:新鮮組」をご紹介しておく。創業者の岡田氏は、水田や畑を耕作してきた当初から補助金は受けずに事業を今まで継続しており、最近では水耕栽培の普及に力を入れている。補助金を受けない理由は「補助金に頼ると、効率やコストの概念がなくなる」と考えるからである、という。

法律の改正や社会貢献事業の評価。水耕栽培を利用した障害者雇用の拡大が進む(有限会社新鮮組など)
 
「ナチュラル水耕栽培」と名付けられた栽培方法は、温室を使わず自然環境を生かした露地栽培に近い水耕栽培である。もとは屋上緑化向けに開発した方式。水を停滞させず、自在に排水させる技術にノウハウがあり、2005年に特許も取得している。必要なのは木製プランター、液体肥料を入れるタンク、それを循環させる配管設備とポンプ程度。ホームセンターで買えるような材料で、初期投資は10アール当たり約500万円。従来の水耕栽培に比べて10分の1以下程度である
 
 
最近は、中国の知人の協力を得て08年3月から山東省で無農薬レタスの栽培実験を開始。半年後には現地の百貨店で販売も行っている。100グラムで7.5元(約95円)と、中国では高価で一般のレタスの10倍だが、売り切れる日もある人気だという。「中国では富裕層を中心に安全な野菜へのニーズが高いことがはっきりした。現地の焼き肉レストランから引き合いもある」という。
 
 
そして同社では、障害者雇用にも貢献しており、山口県宇部市の社会福祉法人「むべの里」では、遊休農地を借り、約1500万円を投じて2年前に同社の水耕農場を設置。知的障害者ら5人がネギを育てている。市場に出す野菜を作るのは難しいが、運営する老人ホームなどの食事を作る給食センターにネギを出荷しており、1人3万円弱の月給を支払っている
 
 
当面は月4万円に増やすのが目標である。障害等級2級の人で月あたり約6万6千円の障害基礎年金を受給できるが、生活保護の水準を下回る。自活するには、その差を埋める4万円程度が必要と考えており、岡本氏は「生産が安定すれば十分可能」と太鼓判を押している。
 
 
もちろん法律・義務的な側面もある農事業における障害者雇用もあるが、もう少し社会貢献的にNPO法人や医療・社会福祉法人が手掛ける事例も増えている。また、食材・野菜の採用側としても、地元密着企業や地域経済にも貢献している事業に対して支援したいと考える企業も増えている。例えば学校給食には採用が難しかった工場野菜も、社会福祉法人が生産したものは、特例で採用されている。
 
 
もちろん品質や見た目も重要だが、それが生産されるまでのストーリー・背景、さらには、どれだけ社会に貢献しているかをアピールすることで商品自体の魅力度も増し、販路開拓にもつながる可能性があるのかもしれない
<2010年9月20日asahi.comの記事などを参考にした>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る