水耕・植物工場関連の企業が撤退・倒産する一方で規模拡大・WEBサイトをリニューアルする企業が急増(参入企業のまとめ)

この所、水耕栽培施設や植物工場関連の企業が撤退や倒産する一方で、新たに規模拡大のために人材募集やWEBサイトをリニューアルする企業も多く、国内のビジネス環境も急激に変化しつつあります。参考までに最近、WEBサイトをリニューアルした企業などを以下にご紹介しておく。
 
 
有限会社東京ドリーム
1996年から植物工場分野に参入した老舗企業(工場開設は翌年の1997年)。キューピーの技術を利用しており、高圧ナトリウムランプによる三角型の栽培システムを採用。生産緑地に保有していた農地1haのうち150坪を農地転用して、日産1000株規模の植物工場を稼働させている。

植物工場によるフリルアイスやレタス類だけでなく、ドライトマトやレタスを豆腐に加えた商品なども多数、販売している。商品は同工場施設に併設して即売所を設けている他、周辺のJA各店舗でも販売している。

水耕・植物工場関連の企業が撤退・倒産する一方で規模拡大・WEBサイトをリニューアルする企業が急増(参入企業のまとめ)
 
 
藤田エンジニアリング株式会社
同社はクリーンルーム等の施工実績・ノウハウを生かして、宇都宮大学の「サステーナブル・ビレッジ」(2010年2月竣工)の一環として、小型・植物工場を建設。研究開発や栽培ノウハウ蓄積のために、宇都宮大学の齋藤高弘教授(研究室WEBサイト)の指導のもと、蛍光灯タイプとLEDタイプの2種類の植物工場を設置しながら、各色での効果や蛍光灯との比較実験などを行っている。

水耕・植物工場関連の企業が撤退・倒産する一方で規模拡大・WEBサイトをリニューアルする企業が急増(参入企業のまとめ)
 
 
株式会社みらくるグリーン
同社では、ルッコラ、スイスチャード、レタス種、フリルマスタード、グリーンマスタード、サラダ水菜、しろ菜など、 約8種類ほどの幼葉(ベビーリーフ)をミックスした商品を中心に販売しており、サラダほうれん草、スイスチャード、スティック春菊、葉ダイコン、リーフラディッシュ、レッドオンなど、市場に出回らない珍しいハーブを栽培している。

ベビーリーフはカルシウムやビタミン、βカロテンなどが豊富に含まれており、希少・高付加価値の高い無農薬野菜(ハーブ類)を生産することで、飲食店関係者からの注目度も高く、関西の飲食店・レストランを中心に、最近では関東や首都圏にも販路を拡大しつつある。
 
 
同社は2006年に設立し、今まで100平方メートル程の栽培面積にて、年間8トンほどの小規模生産を行ってきたが、2010年3月には和泉市に第2工場を増設し、規模拡大に乗り出している。その他、お洒落な家庭用栽培装置「アイティプランター」をアイティプランツ社と共同開発を行っている。

水耕・植物工場関連の企業が撤退・倒産する一方で規模拡大・WEBサイトをリニューアルする企業が急増(参入企業のまとめ)
水耕・植物工場関連の企業が撤退・倒産する一方で規模拡大・WEBサイトをリニューアルする企業が急増(参入企業のまとめ)

アイティプランツ社と共同開発を行っている家庭用栽培装置「アイティプランター」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  4. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
ページ上部へ戻る