西日本高速グループ会社が米やトマトの栽培へ。広島をはじめに山口や岡山へも拡大計画。サービスエリアのトイレ清掃にも活用しているナノバブル水をハウス栽培に利用

西日本高速道路会社のグループ会社が中国地方で相次ぎ農業に参入している。道路の維持管理会社は広島県内でコメ栽培を開始。道路保全業務の会社は独自技術を使ったミニトマト栽培に取り組む。高速道路料金の割引きや無料化が議論されるなか、人材や技術を生かして将来の収入確保に向け多角化に挑む。
 
 
道路設計や維持管理などを手掛ける西日本高速道路エンジニアリング中国(広島市)は今春から、広島県内でコメ栽培に乗り出した。昨年秋、広島県北広島町と、一般法人のまま農地を借り受けられる契約を締結。5月までに休耕田など約9ヘクタールの土地を借り受け、2種類のコメ栽培を始めた
 
 
農機の保管倉庫や職員の事務所などを備えた「北広島農場」も整備。今後はコメや米粉の販売先を開拓するほか、経営効率を高めるため栽培面積の拡大を進める。10年後に70ヘクタールに広げる計画で、山口県や岡山県でも栽培に乗り出す予定だ道路保全業務の西日本高速道路メンテナンス中国(広島市)は極小な泡を含む「ナノバブル水」を使ったハウス栽培実験を開始。サービスエリアのトイレ清掃にも活用しているナノバブル水には植物の成長を促進する作用があるという
 
 
2500万円を投じて北広島町にビニールハウス7棟を設置し、ミニトマトを水耕栽培。昨年実施した試験では普通の水を使った場合に比べてトマトの甘みが増したり、収量が増えるなどの効果があったため、今年度から栽培規模を拡大した。栽培品目の拡大や収穫したトマトを独自ブランドとして育成する計画も構想中で、販路の開拓を進めている。「付加価値が大きい作物を栽培し、採算性を高めていく」(同社)という。
 
 
西日本高速道路会社グループが中国地方で農業に取り組む背景には、社員の年齢構成の変化がある。中国地方を走る中国自動車道の全面開通から30年近く経過し、会社を支えてきた年代が定年に差し掛かっている。「収益の多角化とともに、定年後の再雇用の場を確保する必要が高まったことも参入の要因」(西日本高速道路エンジニアリング中国)という。
<2010/09/15:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る