西日本高速グループ会社が米やトマトの栽培へ。広島をはじめに山口や岡山へも拡大計画。サービスエリアのトイレ清掃にも活用しているナノバブル水をハウス栽培に利用

西日本高速道路会社のグループ会社が中国地方で相次ぎ農業に参入している。道路の維持管理会社は広島県内でコメ栽培を開始。道路保全業務の会社は独自技術を使ったミニトマト栽培に取り組む。高速道路料金の割引きや無料化が議論されるなか、人材や技術を生かして将来の収入確保に向け多角化に挑む。
 
 
道路設計や維持管理などを手掛ける西日本高速道路エンジニアリング中国(広島市)は今春から、広島県内でコメ栽培に乗り出した。昨年秋、広島県北広島町と、一般法人のまま農地を借り受けられる契約を締結。5月までに休耕田など約9ヘクタールの土地を借り受け、2種類のコメ栽培を始めた
 
 
農機の保管倉庫や職員の事務所などを備えた「北広島農場」も整備。今後はコメや米粉の販売先を開拓するほか、経営効率を高めるため栽培面積の拡大を進める。10年後に70ヘクタールに広げる計画で、山口県や岡山県でも栽培に乗り出す予定だ道路保全業務の西日本高速道路メンテナンス中国(広島市)は極小な泡を含む「ナノバブル水」を使ったハウス栽培実験を開始。サービスエリアのトイレ清掃にも活用しているナノバブル水には植物の成長を促進する作用があるという
 
 
2500万円を投じて北広島町にビニールハウス7棟を設置し、ミニトマトを水耕栽培。昨年実施した試験では普通の水を使った場合に比べてトマトの甘みが増したり、収量が増えるなどの効果があったため、今年度から栽培規模を拡大した。栽培品目の拡大や収穫したトマトを独自ブランドとして育成する計画も構想中で、販路の開拓を進めている。「付加価値が大きい作物を栽培し、採算性を高めていく」(同社)という。
 
 
西日本高速道路会社グループが中国地方で農業に取り組む背景には、社員の年齢構成の変化がある。中国地方を走る中国自動車道の全面開通から30年近く経過し、会社を支えてきた年代が定年に差し掛かっている。「収益の多角化とともに、定年後の再雇用の場を確保する必要が高まったことも参入の要因」(西日本高速道路エンジニアリング中国)という。
<2010/09/15:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る