豊田通商:パプリカ生産の次はクロマグロの完全養殖事業へ近畿大学と技術提携を締結

豊田通商は、クロマグロの完全養殖事業で近畿大学と技術協力提携を結んだ。長崎県・五島列島の五島市に、世界で初めてとなる完全養殖稚魚の中間育成会社「ツナドリーム五島」を設立。水産資源の枯渇が問題視されるなか、日本の食文化に欠かせないマグロに関して、親魚の産卵からふ化、飼育、養殖用稚魚の出荷までを人工的に循環させる。国産水産物の安定供給につなげるという
 
 
新会社のツナドリーム五島は、豊田通商の100%出資で、資本金・資本準備金は3000万円。五島列島・福江島に育成用の海上生簀(いけす)を設置した。近畿大学から人工ふ化して体長約6cmに育ったクロマグロの稚魚と、育成のためのノウハウの提供を受け、体長30cm(500?700g)のヨコワと呼ばれるサイズまで育てる中間育成を手掛ける。ヨコワはその後、養殖を経て出荷されるほか、産卵用の親魚に育てられる。
 
 
クロマグロの養殖は従来、海洋で捕獲した天然ヨコワを使って育てていたが、乱獲による天然資源の減少や、漁獲量が安定しないといった課題があった。近畿大学は、1979年に天然稚魚から飼育した親魚の産卵と、人工ふ化・飼育に初めて成功。2002年には人工飼育した親魚が産卵する世界初の完全養殖技術を確立した。2009年には約4万匹を国内の養殖業者へ出荷している
 
 
クロマグロ完全養殖事業は中間育成に大型いけすなどの施設が数多く必要で、近畿大学は生産数拡大のためには学外の協力が不可欠と判断。近年、食料分野で安定供給に向けた事業を強化している豊田通商のビジネスの方向性と一致し、技術協力で提携することになった。両者は新会社設立をスタートとして、今後、クロマグロ完全養殖の商業化を推し進めていく。同社によると「当初は社会貢献的な性格が強い」(広報・IR室)が、08年には農業法人を設立し宮城県でパプリカの生産を手掛けるなど、多角化を推進している
日経BP環境経営フォーラムより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
ページ上部へ戻る