大きな灌漑設備の放水による冷却効果は限定的で一瞬。温暖化には効果がなく、水資源の枯渇問題の方が問題となっている

私達の活動・工夫次第では温暖化や大気を冷やすことができると言われているが、逆に悪影響を及ぼす可能性があることを示唆した調査結果が発表されている。その一つが大量の灌漑による大気の冷却効果である。一般的には、大きな灌漑設備による放水によって、大気中の太陽熱を吸収し、水を蒸発させることによって大きな冷却効果があると言われているが、JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCHに公表したデータによると、その効果は非常に限定的であり、一瞬のことであるという調査結果を発表している。
 
 
アメリカの農場では、スプリンクラーのような小型の可愛らしいものではなく、センターピボット(以下の写真)と呼ばれる半径1km範囲でも水をまくことができる機械を導入している所が多い。こうした巨大なセンターピボットを導入している農家は全米で25万ヶ所もあり、既に地下の水資源が枯渇している所は米国だけでなく、世界各地で発生しており深刻な問題の一つである。<関連記事「IT技術により巨大農場のエネルギー消費を削減する(M2M Communications社)」>
 
大きな灌漑設備の放水による冷却効果は限定的で一瞬。温暖化には効果がなく、水資源の枯渇問題の方が問題となっている
大きな灌漑設備の放水による冷却効果は限定的で一瞬。温暖化には効果がなく、水資源の枯渇問題の方が問題となっている
 
今回の調査結果では、実際に灌漑による放水は地球レベルでの気候変化にほとんど何も影響を与えないと主張している。どちらにしても、どの地域の気候変化が大きいのか、正確な地域的分布図が必要であり、灌漑の効果にも注目しなければならない。大量に使用する農業用水に対して、循環型農業や環境保全を求められる現在の農業では、水の使用量を削減する効率的な栽培技術と、大きな冷却効果のある技術が将来的には必要となるだろう
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  10. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る