国内の食料消費量の拡大・豊富な農業労働力、中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く地理的にも恵まれているエジプト農業について

エジプトでは、2004年からGDPを成長させるために積極的に海外投資を受け入れ、経済改革を進めてきたが、近年の景気悪化により2009年のGDPは4.5%と低迷しており、計画も遅延している。そして、同国の経済成長を左右するものが輸出政策である。よって、2009年には景気刺激策として輸出関連産業に27億ドル、そして現在では追加支援も含め、33億ドルの支援・補助金を捻出している。
 
 
エジプト国内の食料消費量はアラブ・中東の国の中でも、ナンバーワンである。その要因の一つとして急激な人口増加があるだろう。同国の食品消費量は2007年に約3400万ドルにも上り、2011年までには約4200万ドルにも膨れ上がる、と推計されている。しかし、こうした市場の拡大に対して整備が遅れているのが法的整備であり、現在でも違法性の高い事業が当然のように普及しているのが現状である。もちろん政府としても、こうした問題を解決するために、新たな政府の食品機関を設立して、その対策に乗り出している。
 
国内の食料消費量の拡大・豊富な農業労働力、中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く地理的にも恵まれているエジプトの農業について

このように人口増加による国内市場の拡大とともに、海外市場をターゲットに多くのエジプト産の野菜・果物を輸出している。エジプトでは農地に適する部分が国土の5%しかないものの、気候には恵まれており、国内労働者の3分の1以上が農業・食品産業に従事している。主要な輸出品目は、トマトやジャガイモ、メロンやドライオニオン等であり、対象国は南部の地中海沿岸の国々(アルジェリア、イスラエル、ヨルダン、レバノン、リビア、モロッコ、シリアやチュニジア)、そして中東とEUである。
 
 
特にEUとは連携協定を結び、今後は野菜・果物の輸出量が2倍になるとの予測もある。このように土壌環境や農地には恵まれていない同国ではあるものの、国内の食料消費量の拡大や豊富な農業労働力、そして地理的には中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く、農業・食料ビジネスを展開する上でエジプトは魅力的な国の一つであるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る