国内の食料消費量の拡大・豊富な農業労働力、中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く地理的にも恵まれているエジプト農業について

エジプトでは、2004年からGDPを成長させるために積極的に海外投資を受け入れ、経済改革を進めてきたが、近年の景気悪化により2009年のGDPは4.5%と低迷しており、計画も遅延している。そして、同国の経済成長を左右するものが輸出政策である。よって、2009年には景気刺激策として輸出関連産業に27億ドル、そして現在では追加支援も含め、33億ドルの支援・補助金を捻出している。
 
 
エジプト国内の食料消費量はアラブ・中東の国の中でも、ナンバーワンである。その要因の一つとして急激な人口増加があるだろう。同国の食品消費量は2007年に約3400万ドルにも上り、2011年までには約4200万ドルにも膨れ上がる、と推計されている。しかし、こうした市場の拡大に対して整備が遅れているのが法的整備であり、現在でも違法性の高い事業が当然のように普及しているのが現状である。もちろん政府としても、こうした問題を解決するために、新たな政府の食品機関を設立して、その対策に乗り出している。
 
国内の食料消費量の拡大・豊富な農業労働力、中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く地理的にも恵まれているエジプトの農業について

このように人口増加による国内市場の拡大とともに、海外市場をターゲットに多くのエジプト産の野菜・果物を輸出している。エジプトでは農地に適する部分が国土の5%しかないものの、気候には恵まれており、国内労働者の3分の1以上が農業・食品産業に従事している。主要な輸出品目は、トマトやジャガイモ、メロンやドライオニオン等であり、対象国は南部の地中海沿岸の国々(アルジェリア、イスラエル、ヨルダン、レバノン、リビア、モロッコ、シリアやチュニジア)、そして中東とEUである。
 
 
特にEUとは連携協定を結び、今後は野菜・果物の輸出量が2倍になるとの予測もある。このように土壌環境や農地には恵まれていない同国ではあるものの、国内の食料消費量の拡大や豊富な農業労働力、そして地理的には中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く、農業・食料ビジネスを展開する上でエジプトは魅力的な国の一つであるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  2. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る