国内の食料消費量の拡大・豊富な農業労働力、中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く地理的にも恵まれているエジプト農業について

エジプトでは、2004年からGDPを成長させるために積極的に海外投資を受け入れ、経済改革を進めてきたが、近年の景気悪化により2009年のGDPは4.5%と低迷しており、計画も遅延している。そして、同国の経済成長を左右するものが輸出政策である。よって、2009年には景気刺激策として輸出関連産業に27億ドル、そして現在では追加支援も含め、33億ドルの支援・補助金を捻出している。
 
 
エジプト国内の食料消費量はアラブ・中東の国の中でも、ナンバーワンである。その要因の一つとして急激な人口増加があるだろう。同国の食品消費量は2007年に約3400万ドルにも上り、2011年までには約4200万ドルにも膨れ上がる、と推計されている。しかし、こうした市場の拡大に対して整備が遅れているのが法的整備であり、現在でも違法性の高い事業が当然のように普及しているのが現状である。もちろん政府としても、こうした問題を解決するために、新たな政府の食品機関を設立して、その対策に乗り出している。
 
国内の食料消費量の拡大・豊富な農業労働力、中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く地理的にも恵まれているエジプトの農業について

このように人口増加による国内市場の拡大とともに、海外市場をターゲットに多くのエジプト産の野菜・果物を輸出している。エジプトでは農地に適する部分が国土の5%しかないものの、気候には恵まれており、国内労働者の3分の1以上が農業・食品産業に従事している。主要な輸出品目は、トマトやジャガイモ、メロンやドライオニオン等であり、対象国は南部の地中海沿岸の国々(アルジェリア、イスラエル、ヨルダン、レバノン、リビア、モロッコ、シリアやチュニジア)、そして中東とEUである。
 
 
特にEUとは連携協定を結び、今後は野菜・果物の輸出量が2倍になるとの予測もある。このように土壌環境や農地には恵まれていない同国ではあるものの、国内の食料消費量の拡大や豊富な農業労働力、そして地理的には中東諸国やEUといった大きなマーケットにも近く、農業・食料ビジネスを展開する上でエジプトは魅力的な国の一つであるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る