玉ねぎの90%が世界90カ国に輸出しているオランダ。栽培技術・生産性と品質では世界トップクラス

オランダは、大量の玉ねぎを世界中に輸出している国の一つであり、世界の20%のシェアを握っているほどである。オランダ産の玉ねぎの輸出合計金額は2億ユーロ(約220億円)以上と推計されている。そして、生産した玉ねぎの約90%が、世界中の90カ国に輸出されている
 
玉ねぎの90%が世界90カ国に輸出しているオランダ。栽培技術・生産性と品質では世界トップクラス
 
詳細はレポート(PDFファイル)をご覧頂くとして、オランダ農家は高い品質を確保するために、高度な機械や加工技術を利用しているようだ。もちろんオランダという国が、生産するための最適な気候や肥沃な土地、砂利や石の少ない土壌環境が、独自の香りが強いオランダ産の玉ねぎを作り上げている。現在、国内には3000程の農家が存在しており、国内の土地における土壌環境などを考慮しながら、最適な種類の玉ねぎを栽培している。
 
 
ご存知の通り、オランダはトマト・パプリカ・キュウリ・花き、といった栽培では世界レベルの高い栽培技術と生産性を誇る。これは玉ねぎの栽培でも同様であり、ヘクタール当たりの収量と品質はトップクラスであり、ここ10年の平均収量はヘクタール当たり54トンとなっている。そして、収穫後の冷蔵や加工技術もも進んでおり、収穫後も工場や消費者へ届くまでに、品質を落とさないような流通チェーンも整備されている。詳細を知りたい場合は、以下の調査レポート(英語)に掲載されているので参考にして下さい。
Dutch Onions, from seed to consumer レポート(PDF)