玉ねぎの90%が世界90カ国に輸出しているオランダ。栽培技術・生産性と品質では世界トップクラス

オランダは、大量の玉ねぎを世界中に輸出している国の一つであり、世界の20%のシェアを握っているほどである。オランダ産の玉ねぎの輸出合計金額は2億ユーロ(約220億円)以上と推計されている。そして、生産した玉ねぎの約90%が、世界中の90カ国に輸出されている
 
玉ねぎの90%が世界90カ国に輸出しているオランダ。栽培技術・生産性と品質では世界トップクラス
 
詳細はレポート(PDFファイル)をご覧頂くとして、オランダ農家は高い品質を確保するために、高度な機械や加工技術を利用しているようだ。もちろんオランダという国が、生産するための最適な気候や肥沃な土地、砂利や石の少ない土壌環境が、独自の香りが強いオランダ産の玉ねぎを作り上げている。現在、国内には3000程の農家が存在しており、国内の土地における土壌環境などを考慮しながら、最適な種類の玉ねぎを栽培している。
 
 
ご存知の通り、オランダはトマト・パプリカ・キュウリ・花き、といった栽培では世界レベルの高い栽培技術と生産性を誇る。これは玉ねぎの栽培でも同様であり、ヘクタール当たりの収量と品質はトップクラスであり、ここ10年の平均収量はヘクタール当たり54トンとなっている。そして、収穫後の冷蔵や加工技術もも進んでおり、収穫後も工場や消費者へ届くまでに、品質を落とさないような流通チェーンも整備されている。詳細を知りたい場合は、以下の調査レポート(英語)に掲載されているので参考にして下さい。
Dutch Onions, from seed to consumer レポート(PDF)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る